迅速な対応が求められ、多種多様な要求が高まる中、ITインフラストラクチャーの重要性は増しています。そして、従業員、顧客、ビジネス・パートナーの要求に対応するために、多様なデバイスにおけるブラウザー、アプリケーション、サービスを介して、増加を続ける情報の提供を実現する必要があります。

IBM Power Systemsは、オープンで柔軟性の高いプラットフォームから提供されたデータ駆動型のインサイトを使用して、組織の変革と最適なビジネス・パフォーマンスを実現します。同時に、Power Systemsは、オンプレミスまたは仮想化環境で、重要なITサービスを効率的かつ安全に管理および提供するための選択肢です。

クラウドで何を実現しますか?


Power Systems上に構築されたクラウド・サービスの提供モデルは、オープンな環境におけるダイナミックな効率、柔軟性、セキュリティーを提供します。

Power Systemsクラウド・ソリューションは、以下を実現します。

  • 統合された仮想化基盤を提供することで、妥協のない効率、使用率の最大化、ビジネス・ニーズに応じて拡大縮小可能な機能を実現
  • 重要情報へのアクセスを必要時に柔軟かつセキュアに提供することで情報関連の課題に対応し、リスク管理とコンプライアンスの要件に関する最も高度な水準に対応
  • 柔軟性の高い提供モデルを使用してITサービス提供を大幅に簡素化するとともに、企業向けのQoS機能(アプリケーション可用性の維持、パフォーマンスの最適化、スケーラビリティーの向上、エンタープライズ・クラスのセキュリティーなど)も提供
  • オープン・ソースによる標準化されたツールとプロセスを用いたクラウド管理を基盤に、ワークロード最適化プラットフォーム(Linux、AIX、IBM i)を自在に選択して構築

Power Systemsクラウド・ソリューションは、動的、オープンかつ効率的なクラウド・コンピューティング環境を素早く構築して、ITコストの削減、サービス提供の向上、ビジネス・イノベーションの促進を実現できるようにお客様を支援します。

お客様導入事例

  • 全米オープン(The US Open Tennis Championships)

    全米オープンは、独自のデータ分析とクラウドにより、デジタル上でのテニス愛好家の新たな体験を提供