Linux on Powerが実現する、待ち時間がない世界

IBM Power SystemsはRed Hat、SUSE、Ubuntuが提供するLinuxディストリビューションをサポートしています。Linux on Powerはスケールアウトとスケールアップの両方の選択肢によって、待ち時間がない世界で必要とされるワークロードの最適化と重要なビジネス・ニーズに対応します。

事例用のイメージ画像

早稲田大学 笠原研究室がIBM POWERに注目した理由

大容量データの処理によってプロセッサーの使用量が増加する結果、電力コストと発熱を抑えるための空調コストが増えています。消費電力を抑えつつ、高性能な処理を効率良く実現するために、早稲田大学 笠原研究室が注目したのはIBM POWERでした。

製品&サービス一覧

オファリング

教育、トレーニング

技術情報、サービス&サポート


Linux専用サーバー

Power SystemsのLinux専用サーバーは、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、UbuntuといったLinuxディストリビューションがネイティブに稼働するLinuxサーバーの新たな選択肢です。PowerKVM(281KB)は、スケールアウト型のLinux専用サーバーにおけるオープンな仮想化の選択肢です。

Linux on Power ソリューション

オープンなエコシステムのメリットを享受し、データから実用的なインサイトを獲得します。

お客様導入事例

大日本印刷が構築したビッグデータ分析基盤

Hadoop on IBM Power Systemsで理想的な分析基盤を構築。顧客一人ひとりの価値観やニーズにあったマーケティング活動の実現に向けた大日本印刷の取り組みを紹介します。

「待ち時間なし」の音楽ストリーミング配信を実現したSLLIN Consultants

x86 サーバー環境から、オープンな仮想化ソリューションを採用したLinux on IBM Power Systemへの移行によって顧客体験や支出管理の向上が実現しました。

改めて、IBM Power Systemsとは

IBM Power Systemsについて


IBM Linux on Power ニュースのご案内