ID管理とアクセス管理

最適なIAMとはユーザーがその存在を認識しないIAMです

サイレント・セキュリティー

IBMは、最善のセキュリティーはサイレントであると考えています。つまり、ユーザーにはそれとはわからない方法でシームレスなアクセスを提供し、問題が発生した場合にのみ介入するセキュリティーです。堅牢なセキュリティー体制と前向きなデジタル体験は必ずしも相反するものではありません。IBMのサイレント・セキュリティーがお客様とその顧客を支援するため、IBM IAMによりこの両方を達成できます。

  • 適切なユーザーに適切なアクセスを提供
  • ビジネスをサポート
  • 現状を把握

サイレント・セキュリティーとは

お客様のビジネスを保護

IBM IAMソリューションにより、適切なユーザーに適切なアクセスを提供できるため、ビジネスを保護することができます。ユーザーがログインし、セッションを続けている間、ユーザーのIDをひそかに検証することができます。独自の分析機能により、異常値やライセンスの不正な組み合わせを検出できるため、ユーザー・アクセスの変更を、よりスマートに、より多くの情報に基づいて決定できます。

デジタル変革を実現

ID管理とアクセス管理のプログラムは、ビジネスを妨げるものではなく、ビジネスをサポートするものでなければなりません。IBM IAMを導入すれば、クラウドであれ、オンプレミスであれ、ハイブリッド・クラウドであれ、どこにあるリソースやアプリケーションでも迅速にアクセスできます。消費者向けや従業員向けのアプリケーションへのアクセスを提供する場合でも、ユーザーが期待するシームレスな体験を提供できます。

信頼の構築

規制は常に変化します。過去にSOXがあったかと思えば、現在はGDPRやPSD2が存在し、将来は別の規制が生まれます。IBM IAMを導入すれば、ユーザーとユーザーのライセンスに関する現状を把握することで、組織全体で信頼性の高い環境を構築できます。アクセス認証、アクセス権の付与と削除、職務権限の分離違反を一元的に管理できるため、今後発生する新たな規制に対応できます。