Watsonで強化されたIBMのコグニティブSOCで、企業のセキュリティーを進化させましょう

膨大な量の脅威データは、スキルを備えたセキュリティー専門家のキャパシティーを超えています。毎日約20万件ものセキュリティー・イベントが観測され、先手を打つこともできないとき、あなたならどうしますか?

ここで、コグニティブSOCの出番です。この新しいプラットフォームは、脅威を理解し、判断し、学ぶWatson for Cyber Securityの能力を活用して、非構造化データに入り込み、その意味を理解します。これにより、セキュリティー・アナリストの能力を増強し、インテリジェンス、スピード、および正確性のギャップを解消します。

コグニティブSOCは、人間には特定することができない曖昧なデータ同士を関連付けることで、ネットワークやエンドポイント、ユーザーやクラウドに存在する脅威に対して、企業が迅速かつ正確に対応することを可能にします。

ロボットとの握手

皆様、コグニティブ・セキュリティーをご紹介します

ロボットとの握手

コグニティブ・システムは、今まで企業の防衛に利用されていなかったデータに光を当てて、これまで知られていなかった新しい洞察、パターン、セキュリティー・コンテキストを明らかにしました。75,000 個超の文書化されたソフトウェアの脆弱性、毎年発行される 10,000 件超のセキュリティーに関する研究論文、毎月公開される 60,000 件超のセキュリティーに関するブログを考えてみてください。 人間により、人間のために作成されたこのようなデータを素早く解釈し、それを無数の情報源や場所から集めた構造化データと統合する能力が今開発されました。

私たちは今、構造化データと非構造化データの両方を取り出し、そこから継続的に特徴やパターンを抽出して、リアルタイムでコンテキストを提供するための手段を獲得したのです。 その結果、この集合知と直感を備えたセキュリティー・アナリストは、より大きな自信を持って、より素早く脅威に対応できるようになります。

Watson for Cyber Security: セキュリティー・アナリストの働き方を変革

専門知識を増やして、セキュリティーに関する意思決定の迅速化と精度の向上を図る

理解

理解

20 年に及ぶセキュリティー研究の成果が格納された IBM の総合的な X-Force ライブラリーが、Watson for Cyber Security の知識のコーパスの中枢となります。

判断

判断

新しい情報が公開されると、Watson for Cyber Security はその知識を分析して、その情報に隠されていた新しい洞察やパターンを明らかにします。

学習

詳細

ワールド・クラスのセキュリティー専門家と連携して、Watson for Cyber Security は、主要な大学およびそこの学生とともにセキュリティーの言語を学ぶためにトレーニングしています。

オンデマンドWebセミナーを視聴する

IBM Security では、常に変化するセキュリティーの脅威について理解し、判断し、学ぶために新しい世代のシステムをトレーニングしています。 この Web セミナーに登録して、IBM がどのようにこの新しいセキュリティーの時代を先導しているのかをお聞きください。

次のステップ

Watson for Cyber SecurityでSIEMを強化

Cognitive SOCの機能をエンドポイントに拡張

迅速かつスマートで優れたインシデント対応を実現

お問い合わせはこちら

IBM セキュリティー