パーソルキャリア、IBM Cloud Privateを活用し、さらなるデータ活用・新規事業開発の推進を目指す


TOKYO - 08 7 2019:
2019年6月21日

日本IBMは、人材サービスを展開するパーソルキャリア株式会社が人材領域におけるさらなるデータ活用や新規事業開発の推進していくため、Kubernetesなどのオープン・テクノロジーを提供するIBMのコンテナ基盤「IBM Cloud Private」の活用を開始したことを発表しました。

パーソルキャリアは、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした、さまざまな人材サービスを提供しています。

今回、「IBM Cloud Private」を導入し、社内システムにより細やかな認証認可・アクセス制御のサポート、コンテナイメージの脆弱性検知・改ざん検知機能、監査ロギング機能など、セキュリティー強化や機能統合、開発環境の拡充を行います。

「IBM Cloud Private」は、Kubernetesなどのオープン・テクノロジーをベースとしたコンテナ基盤上にクラウド・ネイティブ・アプリケーションの開発と運用に必要な機能を統合したもので、プライベート・クラウドや企業のオンプレミス環境に迅速かつ容易にアプリケーションを構築できるほか、マルチクラウド環境との融合も容易であるという特徴があります。

注:Kubernetesは、コンテナ化したアプリケーションをデプロイしたり、スケーリング、管理などのためのオーケストレーション機能を提供するオープンソース。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。