IBM、Db2にAIを組み込み、データサイエンスとデータベース管理を単一のプラットフォームに集約

- Db2バージョン11.5では主要なAI言語に向けたドライバーが追加され、Db2を用いたAIアプリの開発が容易に
- 新しい自然言語クエリ機能とビジュアライゼーション機能によってデータ検索を高速化
- 共通SQLエンジンの機能強化により、Db2からアクセス可能なデータソースを拡大

TOKYO - 06 6 2019:

[米国ニューヨーク州アーモンク - 2019年6月4日(現地時間)発]

IBM(NYSE:IBM)は本日、Db2データベースの大規模なアップデートを発表しました。このアップデートの目的は、企業のデータベース管理プロセスにAIとデータサイエンスを組み込むことで、アプリケーションでのAI活用を容易にし、データからより多くの洞察を得られるようにすることです。

Db2バージョン11.5では、多くの点を強化します。その一例が、データサイエンス開発に向けたサポート機能の搭載です。オープン・ソースのプログラミング言語やフレームワークに対する一連のドライバーが数多く提供され、開発者はデータを分析したり、Db2を使ったアプリケーションへ機械学習モデルを組み込んだりしやすくなります。これらの強化点は、管理の手間が少なく、障害からの回復力が高いアプリケーションをより簡単に作成できるようにし、生産性も高められるようDb2開発者のために役立つことを目指して設計されています。

Micro Focus社のシニア・データベース管理者であるプラスーン・マハパトラ(Prasun Mahapatra)氏は、次のように述べています。「今日、データベースへの期待は高まっています。データベースはさらにスマートになる必要があります。Db2が発展し新たなAIデータベースとなることで、ユーザーはデータ構造やメモリ、ディスクの利用から、極めて複雑なクエリまで、あらゆる物事を最適化できるようになります。さらに利用者は、Jupyter Notebookの広範な機能にアクセスして、Db2による開発を促進することもできます」

サポート対象となる言語にはGo、Ruby、Python、PHP、Java、Node.js、Sequelizeが含まれます。また、人気の高いフレームワークであるVisual Studio CodeやJupyter Notebookもサポートされます。これらに対する最新のドライバーとサンプルコードは、GitHubより入手可能です。

さらにDb2バージョン11.5には、新たにAugmented Data Explorerも加わります。この新しい自然言語クエリ機能は、開発者が従来の検索エンジンのような感覚の体験を得られるよう設計されています。Db2に質問を投げると、可視化されたデータや自然言語で書かれた要約といった、理解しやすい形で結果を受け取ることができます。このツールはコンテナ化されているため展開と管理が容易となっており、さらに動的なビジュアライゼーション機能も搭載します。この機能により、アプリケーション開発時のデータセットの探索スピードが向上します。

Db2のユーザーと開発者は以上の新要素に加え、IBM Cloud Private for Dataではすでに利用可能となっていた、IBMのデータ仮想化 (Data Virtualization)テクノロジーの新機能も利用できるようになります。これは、ユーザーが多様なデータソースにまたがる検索を容易に実行できるようにするテクノロジーであり、これを用いることで、開発者とデータ技術者は開発作業に集中し、データ移動に伴う抽出・変換・格納(ETL)プロセスに費やされる時間を最小化できます。さらにDb2には、ブロックチェーンに対するサポート機能も追加されました。この機能により、アプリケーション開発者はブロックチェーンから直接データを引き出し、そのデータを他のデータソースと組み合わせて、解析機能やダッシュボードで利用できます。

以上のようなサポート言語の拡張や新機能は、Db2ソリューションからなるIBMのハイブリッド・データ・マネジメントのポートフォリオをAI時代に向けてさらに前進させるという、より広い戦略の一環として提供されます。解析用データの準備やアプリケーション開発には時間と費用のかかるプロセスが要求されますが、企業は敏しょう性を高める取り組みを進める中で、そのようなプロセスの削減につながる、さらなる手段を探し求めています。

ポートフォリオのシンプル化/共有のコードベース

IBMはDb2バージョン11.5において上記の新要素を追加するとともに、同一のコードベースを共有する3種類のエディションにポートフォリオをシンプル化し、Db2、Db2 Standard、Db2 Advancedという形で提供することとしました。

IBM Db2は試用、あるいは開発者による利用のために無償でダウンロードできます。これはDb2のクライアントやサーバー・プラットフォームに展開するアプリケーションの設計、開発、テスト、プロトタイピングを行うために、単独の開発者が利用することを想定したエディションです。Db2の全機能が搭載されていますが、ハードウェアに関しては一定の制限が設けられています。

Db2 Standardは大企業の各部門もしくは中規模企業における本番システムでの利用に向けて作られています。Db2 Advancedは中規模以上の企業に向けた設計となっており、分析のためのトランザクション・運用ワークロードに最適化されています。Db2 AdvancedはCPUやメモリ、ストレージに関する制限がなく、さらに物理的なサーバー、もしくは仮想のサーバーに展開することもできます。新しいライセンス体系である IBM Hybrid Data Management Platform(HDMP) の一部として提供されることで、トランザクショナル・データベースの範疇を超えた機能に、管理者が今まで以上に容易にアクセスできるようになります。

それぞれのエディションで同一のコードベースが共有されているため、ユーザーは無償版からStandardやAdvancedへのアップグレード・拡大を、必要に応じて容易に行うことができます。既存のDb2クライアントについては、すべてのライセンスをDb2バージョン11.5に転換できます。

またDb2バージョン11.5には、アップデートされた共通SQLエンジン(Common SQL Engine)も含まれています。このエンジンによって、ユーザーはますます多くのデータソースからデータにアクセスできるようになります。例えば、ユーザーはDb2バージョン11.5では、IBM Db2 WarehouseやIBM Db2 Big SQL、IBM Integrated Analytics System、既存のIBM PureData® for Analytics (Netezza®)システムといった、以前からあるDb2ファミリー製品のどれからも、データにアクセスすることが可能です。またDb2のユーザーはOracleやTeradata、Microsoft SQL Serverに、さらにはAmazon Redshiftのような新しいクラウド・データソースにもアクセスできます。

IBMのData and AI担当バイス・プレジデントであるダニエル・ヘルナンデス(Daniel Hernandez)は、次のように述べています。「今回のDb2の強化には、お客様が成長を遂げていることと、AI導入の加速が明らかに予想されることが反映されています。データベースはもはや、記録やデータ保存に向けた従来型のシステムではなく、AI戦略において明確な役割を持つ要素へと急速に変化しつつあります。そしてDb2は、まさにそのようなAIデータベースなのです」

IBM Data and AIについて
詳しくはhttps://www.ibm.com/jp-ja/analyticsをご覧ください。

お問い合わせ先
Mike Zimmerman
IBM Media Relations

1 Db2バージョン11.5はコア数が4、RAMが16GBに制限されており、本番システムで利用することができません。Db2 Standardはコア数が16、RAMが128GBに制限されています。
mrzimmerman@us.ibm.com

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate