銀行業のデジタル変革を支援する次世代デジタル銀行勘定系ソリューション「IBM Digital Core Systems for Banking」を発表


TOKYO - 09 5 2019:
2019年5月9日

日本IBMは、クラウド、コンテナ、オープンソースを活用した次世代デジタル銀行勘定系ソリューション「IBM Digital Core Systems for Banking」を発表します。これにより、お客様のデジタル変革を加速化させるとともに、銀行業の発展に貢献していくことを目指します。

モバイルバンキングやキャッシュレス決済の進化など銀行業の環境が急激に変化する中で、マーケットニーズをいち早くとらえ、スピーディーかつ適切にサービス対応することがより一層求められています。「IBM Digital Core Systems for Banking」は、日本IBMおよびIBMがこれまで長期にわたり国内外の銀行システムを構築してきた実績、新しいテクノロジーを開発・活用してきた能力、オープンソースへの継続的なコミットメントを結集することでこれらの課題を解決します。

「IBM Digital Core Systems for Banking」は、昨年8月に発表した銀行業のデジタル変革のロードマップ:「次世代金融サービスアーキテクチャー」の主要要素の一つとして、クラウド対応した銀行勘定系システムを実現するソリューションです。プライベートクラウドやマルチクラウド上で勘定系システムを稼働させることで、運用コストの削減やシステム拡張性の向上を目指します。また、業務アプリケーションのモダナイゼーションを進めるとともに、オープンソース活用により最新技術を柔軟に取り入れていくことで、利用者にとって魅力的な金融サービスを迅速かつ安価に提供することができます。

本ソリューションを適用することで、24/365対応、顧客体験の向上、スケーラビリティ向上、サービス開発期間の短縮、コスト構造の最適化などが可能となります。今後は、個々のお客様の優先課題や既存システム構成に応じて最適な導入アプローチを提案していきます。第一弾としてネットバンキング、モバイルバンキング向けから提供を開始し、順次対象を拡大していきます。 以上

ご参考:
金融関連のソリューション、および、デジタル時代の次世代アーキテクチャー
https://www.ibm.com/jp-ja/industries/banking-financial-markets

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。