日本IBM、明治安田生命との戦略的アウトソーシング契約を更改

デジタル・トランスフォーメーションへの対応に向けてITインフラを拡充

TOKYO - 17 1 2019:
2019年1月17日

日本IBMは、明治安田生命保険相互会社(執行役社長:根岸 秋男、本社:東京都千代田区、以下 明治安田生命)との基幹業務システムのITインフラ運用に関する戦略的アウトソーシング契約を更改し、新たに2019年7月から2027年6月までの8年間の契約を締結しました。

明治安田生命は、「明治安田フィロソフィー」に基づき、お客さまに「確かな安心を、いつまでも」お届けし続けるとともに、「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」となることを目指しています。これを実現するためのITインフラには、基幹業務を支える堅牢性や信頼性、変化の激しい環境においてビジネスの成長を支援できる柔軟性、最新のテクノロジーを活用した高度な運用と、より一層の品質の高度化や作業の効率化が求められています。

日本IBMと明治安田生命は、1999年の旧明治生命における採用以来長期にわたり、日本IBMの戦略的アウトソーシングの活用により、経営戦略を支える信頼性の高いITインフラと高品質な運用を実現してきており、これまでの実績と強固なパートナーシップのもと、さらなる長期の契約を締結することを決定しました。

ITインフラには、従来と同じく、高度な堅牢性と卓越した信頼性を特長とするメインフレームのIBM Zを利用します。今回、保険業におけるデジタル・トランスフォーメーションへの対応に向けて柔軟性や拡張性の向上を図るため、必要に応じて必要な資源を提供するプライベート・クラウド環境をIBM Z上に構築します。また運用面では、コグニティブ技術を活用した自動化ソリューションを段階的に実装し、作業品質の高度化と効率化を図ります。さらに運用体制においては、オフショアおよびニアショアに配置する共有化センターからのリモート運用環境を構築し、作業要件毎に最適な要員を無駄なく活用できる環境を整え、さらなる作業の効率化やコストの低減を目指します。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。