三菱UFJフィナンシャル・グループと日本IBM、IBM Cloudの利用で合意


TOKYO - 07 11 2018:
2018年11月7日

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、本日、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)がIBM® Cloudの東京データセンターの一部採用を決定し、利用を開始したことを発表します。IBM Cloudは欧州(ドイツ、英国)、アジア太平洋(東京とオーストラリア シドニー)、北米(米国ワシントンDC、テキサス州ダラス)の6拠点で順次アベイラビリティー・ゾーン(以下AZ)(*1)の導入を進めており、東京では世界で4番目にAZのサービス提供を開始しております。MUFGは、この東京データセンターの最初のお客様となります。

IBMは、欧州、アジア太平洋、北米に18の新しいAZを導入し、IBM Cloudのグローバル展開を継続しています。

MUFGと日本IBMは、2016年よりAPIやIBM Watsonを活用した顧客向けサービスの開発などに共同で取り組んできました。両社は、ハイブリッド・クラウド時代に求められる新たな顧客体験(Customer Experience)の迅速な開発および展開に向けて、引き続き取り組んでいきます。

(*1)アベイラビリティ・ゾーン(AZ)は、情報システムの耐障害性を強化するために、独立した電源、冷却、ネットワークを持つ、データ・センター・リージョン内の分離されたインスタンス

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。