データ収集・整備・分析を支援する統合データ基盤を 無償で試行できるクラウド・ホスティングサービスの提供を開始

「IBM Cloud Private for Data」の評価用として「IBM Cloud Private Experiences」を提供し、企業におけるAIや機械学習などのデータ活用を支援

TOKYO - 09 10 2018:
2018年10月9日

日本IBMは、オンプレミスやクラウド環境で蓄積された膨大なデータの分析、AIや機械学習を促進するため、「IBM® Cloud Private Experiences(クラウド・プライベート・エクスペリエンスイズ、以下ICP Experiences)」の提供を10月9日より開始しました。

「ICP Experiences」は、データの収集・整備・分析を包括的に支援する「IBM Cloud Private for Data(クラウド・プライベート・フォー・データ、以下ICP for Data)(*1)」の試用版をクラウド・ホスティングサービスとして提供します。

ICP Experiencesは主に以下の機能を提供するのに加え、WEBブラウザのGUI上で事前定義された操作ガイドがウォークスルー形式で表示されるガイド機能とチュートリアル・ドキュメントを提供します。

ソフトウェアのダウンロード・インストール・設定作業を一切することなく、ガイドに沿って操作をするだけで、7日間無償でIBM Cloud Private for Dataを簡単かつ迅速に評価することができるようになりました。

[提供される主な機能]

なお「ICP for Data」のうち最上位エディションである「Enterprise Edition」は、本年6月より提供を開始しています。参考価格は、1仮想プロセッサー(VPC)あたり2,124,000円(税込)になります。

(*1) IBM Cloud Private for Data:データプラットフォームに必要な3つの要素、データの「収集」「整備」「分析」を「IBM Cloud Private」上で包括的に提供します。クラウド・ネイティブの俊敏性と柔軟性を備えており、インフラ運用管理の一元化とコスト削減に加えて、AIや機械学習に必要なデータの準備作業に対する工数削減を支援するソフトウェアです。

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。