IBM Cloudについて「医療業界向け3省4ガイドライン」への対応を確認 日本での医療・ヘルスケア業界向けクラウドサービスを加速


TOKYO - 31 7 2018:
2018年7月31日

日本IBMは、医療業界におけるクラウドサービスの利活用に関して厚生労働省・総務省・経済産業省が発行する4つのガイドラインへのIBM Cloudの対応状況について、株式会社三菱総合研究所より「医療機関向けIBM Cloud IaaSクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」が公開されたことを発表します。本リファレンスは、主に医療機関・SI事業者等が医療情報システムをIBM Cloud IaaS上に構築・利用する場合を想定して、3省4ガイドラインの各項目に対するIBM Cloud IaaSの対応状況を調査したものです。これにより、日本IBMはAI技術や医療業界向けソリューションを含むクラウドサービスの提供を加速していきます。

日本IBMは、1995年から電子カルテを中核とする統合医療情報システム「IBM CIS/CIS+ソリューション」をはじめとした医療向けソリューションを主要な大学病院やグループ病院に提供しており、医療・ヘルスケア業界における専門知識や知見、スキルを培ってきました。こうした実績から日本IBMは医療・ヘルスケア業界のお客様におけるクラウド需要の高まりと同時に、IBM Cloudの安全性やプライバシー管理に関する第三者による確認結果公表の需要を踏まえ、今回の調査を依頼しました。

IBMの「IBM CISソリューション」を活用している藤田保健衛生大学病院は、電子カルテデータの災害対策用バックアップシステムとしてIBM Cloudを採用し、7月31日から運用を開始しました。IBM Cloudを活用することで自社のITインフラを増強することなくデータバックアップを行いながら、研究活動にクラウドサービスを活用していくといった新しい利用法も可能となります。

また、日本IBMのビジネス・パートナーである株式会社ミナリスが提供する統合型医療情報システム基盤(病院向け電子カルテシステム)や株式会社ナイスが提供する医事会計システムのレセプトビュー機能などがすでにIBM Cloudをクラウド基盤として採用しています。このような各地域の医療機関へのサービス提供に強みを持つパートナーとともに、医療・ヘルスケア業界におけるクラウド利用拡大にいっそう取り組んでいきます。

日本IBMはIBM Watson API、データ分析ソリューションなどIBM Cloud経由で利用可能なサービスを組み合わせて提案していくことで、医療業界のお客様の先進的なIT活用をよりいっそう支援してまいります。

厚生労働省・総務省・経済産業省が発行する4つのガイドラインは、以下の通りです。

「医療機関向けIBM Cloud IaaSクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」はこちらから参照できます:https://www.mri.co.jp/service/201602_021630.html

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。