IBM Cloud for Oracle Solutions、国内の提供開始


TOKYO - 09 7 2018:
2018年7月9日

日本IBMは、Oracle環境を稼働させるための基盤となるOSとDBを対象に、運用・保守において標準運用付きのサービスを提供するマネージド・クラウドのオファリング「IBM Cloud for Oracle Solutions」を本日より提供します。Oracleデータベースおよびミドルウェア・サーバーが稼動するOSはAIXで、提供方法はOSのみのメニューと、OSとDBの両方を対象とするメニューがあります。価格は個別見積もりとなります。

「IBM Cloud for Oracle Solutions」は企業にとって重要なIT資産であるOracleアプリケーションを既存のオンプレミス環境からクラウド型に変更し、さらに、標準運用・保守サービスを提供するマネージド・クラウドのオファリングです。クラウド型に変更することにより、Oracle環境の効率的な実装による適切なコスト負担を実現し、柔軟かつ拡張性の高いインフラ環境を構築できます。また、IBMでは、2013年から「IBM Cloud for Oracle Solutions」を海外で提供しており、蓄積された知見やスキルを活用し、日本のお客様にも高品質で実績のあるサービスを提供することができます。オンプレミスの物理や仮想化環境にて現在Oracleを利用されているお客様がクラウドへ移行される場合のソリューションとしてご利用いただけます。提供方法はOSだけのメニューと、OSとDBの両方を対象とするメニューがあります。そのため、お客様がOracle運用要員を確保している場合にはOSだけのメニューを選択するなど、幅広い利用方法を提供しています。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。