IBM、クラウドの大幅な機能拡張を発表

業界リーダーのエクソンモービル、ボシュロム、ウェストパック銀行がIBM Cloudに移行
北米、欧州、アジア太平洋に18のavailabilityゾーンの追加を予定

TOKYO - 11 6 2018:
2018年6月11日

[CEBIT - ドイツ・ハノーファー - 2018年6月11日(現地時間)発]

IBMは本日、クラウドの大幅な機能拡張を発表しました。IBM Cloudで北米、欧州、アジア太平洋に18のavailabilityゾーンを追加する予定です。加えて、エクソンモービル、ボシュロム、ウェストパック銀行がIBM Cloudへの主要なワークロードの移行を進めています。

IBM Watsonおよびクラウド・プラットフォーム担当シニア・バイス・プレジデントであるデイビット・ケニー(David Kenny)は、次のように述べています。「テクノロジーと固有のビジネス・ニーズを理解するIBMは、世界最大規模の企業がその過去と未来をつなぐクラウドへ移行するため協業しています。当社の絶え間ないクラウドへの投資と拡大する顧客基盤は、AI、アナリティクス、IoT、ブロックチェーンといった、その利点を最大限に引き出す最先端ツールを提供するハイブリッド・クラウド環境に対する各社の需要の高まりを反映しています。」

IBM Cloudは、需要が多い欧州(ドイツ、英国)、アジア太平洋(東京とオーストラリア シドニー)、北米(米国ワシントンDC、テキサス州ダラス)に18の新しいAvailabilityゾーンを導入し、クラウドのグローバル展開を継続しています。Availabilityゾーンは、フォールト・トレランスを強化するために、独立した電源、冷却、ネットワークを持つ、データ・センター・リージョン内の分離されたインスタンスです。IBM Cloudは、約60ヶ所のデータセンターをすでに運用していますが、今回の拡張でこれらのデータセンターのキャパシティとケイパビリティはさらに高まります。さらに、IBM Cloud Kubernetes Serviceによって、Availabilityゾーン間で複数ゾーンのコンテナー・クラスターを展開して、コンテナー化されたアプリケーションの展開と管理の一貫性と簡素化を一層高めることができます。

IBM Cloudのグローバル展開は、EUの新しい一般データ保護規則(GDPR)など、厳格化するデータ関連規則を前に自社データに対する制御の強化を目指しておられるお客様にとって、とりわけ重要になります。

IBMはパブリック、プライベート、オンプレミスの各環境に継続的に投資することで、すでに次のような世界最大規模の企業を支援しています。

IBM Cloudについて
過去12カ月にクラウド収益が177億ドルに達したIBMは、企業向けクラウドのグローバル・リーダーであり、企業と社会の進化するニーズを満たすために設計されたプラットフォームを備えています。生産性とコスト削減だけにとどまらず、IBM Cloudは、今日の企業の真の差別化を推進しているAIとデータの需要に対応しています。IBMのプライベート、パブリック、およびハイブリッド・オファリングは、多くの業界でのイノベーションをサポートするために、グローバル規模のビジネス・ニーズを満たします。

当報道資料は、2018年6月11日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
http://newsroom.ibm.com/2018-06-11-IBM-Unveils-Major-Expansion-of-Cloud-Capabilities-Industry-Leaders-ExxonMobil-Bausch-Lomb-and-Westpac-Shift-to-IBM-Cloud (US)

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。