富士フイルムの情報システム・インフラ基盤に、IBMクラウドを採用

ビジネス変革への迅速対応に向けた基盤整備を推進

TOKYO - 25 10 2017:
2017年10月25日

日本IBMは、富士フイルム株式会社(以下、富士フイルム)の社内情報システムのインフラ基盤に、IBM Cloud上にVMware仮想化基盤を構築したクラウド・サービス「VMware on IBM Cloud」が採用され、2017年10月より既存オンプレミス環境からのシステム移行を開始したことを発表します。

「VMware on IBM Cloud」とは、IBM Cloudのベアメタル・サーバーに仮想化基盤のデファクト・スタンダードであるVMware環境を構築するクラウド・サービスです。富士フイルムは、現在、データ活用によるビジネス拡大を加速するため、良質なデータの収集・分析を通じて新たな価値を創出する取り組みを推進し、ICT活用最大化による競争力強化を図っています。この度、同社は、「VMware on IBM Cloud」を活用し、オンプレミスのVMware環境とIBM Cloud上に構築されたVMware環境とをVMware NSXテクノロジーを利用したL2延伸*によりシームレスに接続し、ハイブリッドなクラウド環境を統合管理することが可能となりました。これにより、現在オンプレミスの仮想化環境で運用している基幹系・情報系システムをクラウドに移行し、経営や事業部門などからの要求に、より柔軟かつ迅速に対応するためのシステム基盤の整備を推進します。また、同社では、こうした基盤を活用して、データを価値の源泉とすることで、同社の持つ先進技術・独自技術をさらに磨き、AIとIoTを介して従来にない製品・サービスの創出を図っていきます。

IBM Cloudは、IBMが提供するパブリック・クラウド・サービスです。世界中に配置されたIBMのデータセンターから仮想サーバー、物理サーバー、ロードバランサーやファイアウォールなど必要に応じて選択して利用することが可能です。各データセンター間は高速かつ高品質プライベート・ネットワークで接続され、企業はこれらをすべて無料で活用できます。2016年2月の戦略的提携の発表以来、オンプレミス環境のVMware環境との高度な親和性を誇るVMware on IBM Cloudは世界中の様々な企業で採用実績があります。

*L2延伸:拠点間のネットワークを拡張して接続する技術

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

VMware、VMworld、VMware Cloudは、VMware, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。「パートナー」または「パートナーシップ」という言葉の使用は、VMwareとその他の企業の法的な提携関係を意味するものではありません。
本資料には、第三者によって作成・維持されるVMware以外のWebサイトへのハイパーリンクが含まれる可能性があります。そうしたWebサイトのコンテンツについては、当該の第三者が全責任を負います。