「FinTech証券共通API」、証券業界のフィンテックを支援

銀行、クレジッドカード・信販業界向けに続いて対応

TOKYO - 28 6 2017:
2017年6月28日

日本IBMは、証券会社およびフィンテック(FinTech)サービスを提供する企業向けに、オープンかつ汎用的な「FinTech証券共通API」の仕様を本日より提供開始します。これにより、FinTech企業は証券会社と連携したサービスを展開しやすくなります。日本IBMは、昨年から銀行およびクレジットカード・信販業界向けに共通APIを提供しており、今回の発表により、フィンテックの支援をさらに拡充します。

銀行、クレジットカード・信販業界と同様に証券業界においても、金融と、APIやクラウドなどのテクノロジーを組み合わせて新たな金融サービスを実現するFinTechサービスが広がってきています。利用者にとって利便性が高く、証券会社にとって導入の負荷が少ないFinTechサービスを提供するためには、システムの仕様変更への迅速な対応、セキュリティーの確実性などにより、アプリケーションの柔軟性と価値を高めることが必要です。また、FinTech企業のアプリケーション開発やサービス提供には、開発の生産性が高く、標準化に対応した汎用的なシステム環境が重要です。

「FinTech証券共通API」は、資産残高、注文履歴、取引・入出金履歴、NISA(少額投資非課税制度)履歴といったFinTechサービスと証券会社のオンライントレード・システムをアプリケーション間で接続するAPI群です。APIのインターフェース仕様は、業界標準であるOpenAPI Specification 2.0やISO (International Organization for Standardization)、RFC (Request for Comments)などを採用することにより、汎用的な設計になっていることが特長です。また、オープンな認証プロトコル「OAuth」により、利用者のIDやパスワードを証券会社が認証した上で、FinTechサービスの利用を許可する仕組みとなり、セキュリティーが強化されます。「FinTech証券共通API」は、IBMのAPI作成・管理・運用ソフトウェア「IBM® API Connect 」と「IBM DataPower Gateway」により提供される「OAuth」と連携します。

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM API Connect、DataPowerは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。