給付金等支払査定に「IBM Watson Explorer」を導入し診断書査定自動コード化システムを構築


TOKYO - 26 12 2016:
2016年12月26日

富国生命保険相互会社(社長:米山好映、本社:東京都千代田区、以下富国生命)は、日本アイ・ビー・エム株式会社の支援により、給付金等の支払査定業務に「IBM® Watson Explorer」を導入し「診断書査定自動コード化システム」を構築、平成29年1月より稼働を開始します。
「IBM Watson Explorer」を利用した「診断書査定自動コード化システム」は、診断書等から、疾病、災害、手術等の判別・分類等を自動で行いコード化するもので、これにより給付金等支払査定業務において、支払いまでの迅速化、及び業務の効率化を実現します。本システムの導入により、業務処理の負担を30%程度削減できると見込んでおります。

本システムの主な機能・特徴は以下の通りです。

富国生命では、既に「IBM Watson Explorer」をお客さまの声の分析に導入し、苦情分析、対応等に活用しています。今般、給付金等の支払査定業務にこの「IBM Watson Explorer」を組み込んだ「診断書査定自動コード化システム」を構築することで、査定業務の精度向上・効率化を図ります。
今後は、給付金等支払査定の検証作業においても同システムの導入を予定しており、支払査定の精度を高めることで、さらなるお客さまサービスの向上に努めます。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate