IBM Watson for Cyber Securityのベータ・プログラムを世界のお客様40社と開始

セキュリティー専門家の約60%は、コグニティブ・システムが新たな優先事項であると言及

TOKYO - 07 12 2016:
2016年12月7日

[米国ニューヨーク州アーモンク - 2016年12月6日(現地時間)発]

IBMセキュリティー(NYSE:IBM)は本日、銀行、医療、保険、教育を初めとする主要な業界の世界的なリーダーが、IBM Watson for Cyber Securityのベータ・プログラムに参加したことを発表しました。Sun Life Financial、University of Rochester Medical Center、Avnet、SCANA Corporation、三井住友銀行、California Polytechnic State University、University of New Brunswick、Smarttechなど40の組織が、サイバー犯罪への対策を支援するWatsonの能力をテストします。

現在のセキュリティー環境がますます厳しさを増しているため、脅威を識別し、優先順位付けするためのインテリジェンスに対するニーズが増大しています。その結果、処理すべきアラートや異常がこれまで以上に増大し、セキュリティー・アナリストの負担が増えています。Watson for Cyber Securityは、機械学習や自然言語処理などのインテリジェント・テクノロジーを活用し、セキュリティー・アナリストが、膨大な量のデータから、より迅速に優れた意思決定を行えるよう支援します。

IBM Institute for Business Valueの最近の調査によると、セキュリティー専門家の約60%が、台頭しつつあるコグニティブ・テクノロジーは、サイバー犯罪に関する対策の潮流を変化させる重要な要素になると考えています。

IBMセキュリティーの最高技術責任者(Chief Technology Officer)であるサンディー・バード(Sandy Bird)は、次のように述べています。「お客様は、コグニティブ・テクノロジーを実装する初期の段階にあります。IBMの研究によると、Watson for Cyber Securityのようなツールが成熟し、セキュリティー・オペレーション・センターにおいて広く普及していくと、コグニティブ・テクノロジーの導入は、今後3年間で3倍に増加すると予測されています。現在のところ、コグニティブ・ソリューションを利用していると明言する組織は、全体の7%にすぎません」

IBM Watson for Cyber Securityのベータ・プログラムが進行中
Watson for Cyber Securityは、セキュリティー独特の用語を理解するようトレーニングされている、IBMの最新のコグニティブ・テクノロジーを利用します。機械学習や自然言語処理などのインテリジェント・テクノロジーを応用することによりWatsonは、セキュリティー・アナリストが、構造化データだけでなくこれまで組織の防御チームにとって未知であった膨大な量の非構造化データから、より適切な意思決定を行えるよう支援できます。

現在、金融、旅行、エネルギー、自動車、教育などの業界にわたるフォーチュン 500のような企業や組織がWatson for Cyber Securityに協力し、Watsonのサイバー・セキュリティー能力を向上させ、実際の使用事例となるよう支援しています。初期ベータ・プログラムの一環としてWatson for Cyber Securityにすでに協力している最初のお客様には、Avnet、California Polytechnic State University、SCANA Corporation、Smarttech、Sun Life Financial、三井住友銀行、University of New Brunswick、University of Rochester Medical Centerが含まれています。このベータ・プログラムへの参加は、今後数週間で40に増えます。

ベータ・プログラムのお客様は、Watsonを現在のセキュリティー環境において活用し、以下のような新たな使用事例で利用することにより、自社のサイバーセキュリティー・データを補足する背景情報を提供します。

  • 現在のセキュリティー「違反」が既知のマルウェアやサイバー犯罪キャンペーンに関連しているかを判断。関連している場合、Watsonは、使用されたマルウェアに関する背景、利用された脆弱性、脅威の範囲などの洞察を提供します。
  • 疑わしい行為をより正確に識別。Watsonは、主な疑わしい行為以外のユーザーの行為に関するさらなる背景情報を提供し、その行為に悪意があるかどうかについてより正確な判断を可能にする情報を提供します。

ベータ・プログラムのお客様と協力し、IBMは引き続き、Watsonのサイバーセキュリティー・データに対する理解力を強化して、Watsonを日常のセキュリティー業務にシームレスに統合する方法を向上させています。

調査が示すコグニティブ・セキュリティーへの期待の高まり
IBM Institute for Business Valueは最近、700名を超えるセキュリティー専門家を調査し、コグニティブ・セキュリティー・テクノロジーの課題、メリット、機会に関する見通しを予測しました。

調査対象者の約60%は、すぐにコグニティブ・テクノロジーが十分に成熟し、近い将来、サイバー犯罪の勢いが大幅に弱まることを信じています。一方、対象者の組織のうち、現在、コグニティブ・セキュリティー・ソリューションの実装過程にあるのは7%にすぎません。21%が今後2、3年でこれらのソリューションを実装すると回答しており、導入が3倍に増加することを示しています。

また、セキュリティー専門家は、コグニティブ・テクノロジーに期待するメリットの第1位に、検出およびインシデント対応に関する意思決定能力の向上を挙げており、回答者の40%がこのように述べています。現在、組織は、データ漏えいの識別に平均201日、抑止に平均70日要しています。セキュリティー専門家は、コグニティブ機能がより適切なデータを提供し、迅速な意思決定を可能にすることで、このような時間の削減に大きな役割を果たすことを期待しています。

レポートはこちらからダウンロードできます。
ibm.biz/cyberimmunity

IBMセキュリティー製品群全体にわたるコグニティブ機能とインテリジェンス機能を拡大 ;世界的なスキルに投資

Watson for Cybersecurityの開発を継続し、世界的なセキュリティーの専門家達の知見と同様に、IBMは引き続き、より高度なアナリティクス機能とコグニティブ機能をセキュリティー・ポートフォリオのその他の分野に組み込んでいきます。

  • 行動アナリティクスを応用して、内部者(従業員、契約社員、パートナー)の使用パターンをより適切に理解し、内部者の資格情報が危険にさらされているかどうかを判断するIBM QRadar User Behavior Analytics
  • 特許取得済みのアナリティクスと機械学習、行動バイオメトリクスの機能を利用し、バンキングの不正を防止するIBM Trusteer Pinpoint Detect。ユーザーが銀行のWebサイトとやりとりする方法を分析し、時間の経過とともに精度が向上するジェスチャー・モデルを構築します
  • 機械学習を活用し、お客様がアプリケーションの潜在的な脆弱性をより迅速に発見できるようにするIBM Security AppScan
  • 3次元でデータ・アクセスを可視化して、データ漏えいが発生する前に疑わしい動きを防御して警告を出し、セキュリティー・チームを支援するIBM Security Guardium
  • 過去2年間で世界的な開発者、コンサルタント、研究者など、米国の600名を含む約2,000名の専門家をセキュリティー・ビジネスで採用

ご参考資料
IBM Institute of Business Value Study: コグニティブ時代のサイバーセキュリティー

IBM / Ponemon データ漏えいコストに関する調査報告書、2016年

IBMセキュリティーについて
IBMセキュリティーは、非常に高度な、統合された企業セキュリティー製品およびサービスのポートフォリオを提供します。世界でも名高いIBM X-Force®リサーチがサポートするこのポートフォリオにより、組織は、効果的にリスクを管理して、新たな脅威を防御することができます。IBMは、セキュリティーの研究・開発、提供を行う世界最大級の組織を運営し、130カ国を超える地域で1日350億件のセキュリティー・イベントを監視しており、3,000件を超えるセキュリティー関連の特許を有しています。詳しくは、http://www.ibm.com/security(US)、Twitter(@IBMSecurity)、またはIBMセキュリティー・インテリジェンスのブログをご覧ください

当報道資料は2016年12月6日(現地時間)に、IBM Corporationが発表したものの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。http://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/51189.wss (US)

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate
IBM Watson

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Watson、AppScan、 Guardium、 QRadar、 Trusteer、 X-Forceは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。