WorkdayとIBM、IBMクラウドで戦略的パートナーシップを締結

Workdayの世界規模の開発・テスト用の主要プラットフォームとしてIBMクラウドを採用

TOKYO - 17 8 2016:
2016年8月17日


[米国ニューヨーク州アーモンク、カリフォルニア州プレザントン - 2016年8月15日(現地時間)発]

IBM(NYSE:IBM)は本日(現地時間)、人事と財務のためのエンタープライズ・クラウド・アプリケーションを提供する業界有数の企業、Workday(NYSE:WDAY)が複数年の戦略的パートナーシップの一環として、IBMクラウドを採用したことを発表しました。IBMクラウドは、さらなる効率性、柔軟性、グローバル規模の拡張性を提供するWorkdayの開発・テスト環境の基盤となります。

Workday, IBM Form Strategic Partnership on the IBM Cloud

IBMクラウドがWorkdayの開発・テストの主要プラットフォームとなったことで、Workdayではアプリケーションおよびサービスのイノベーションが加速し続けることでしょう。また、IBMクラウドは、Workdayの開発・テストの要件増加に対応する際に重要となるキャパシティーの拡張性をもたらします。

Workdayの共同創設者兼CEO、アニール・ブースリ(Aneel Bhusri)氏は次のように述べています。「IBMとWorkdayの両社は企業に変革をもたらすようなアプリケーションとサービスをクラウドで提供しています。WorkdayはIBMクラウドを活用して、現在進めるグローバル展開のため、社内開発とテストの加速を続けていきます。」

IBMクラウドのシニア・バイス・プレジデントであるロバート・ルブラン(Robert LeBlanc)は次のように述べています。「Workdayのような先進的な企業は、グローバル対応、柔軟性、レジリエンシー(サーバー・リカバリー)を求めて、IBMクラウドを採用しています。IBMとのクラウド分野でのパートナーシップを通じて、Workdayはイノベーションを加速し、世界中のお客様にさらに優れたサービスを提供できるでしょう。」

IBMのグローバル・クラウド・データセンターは拡張性に優れ、高いセキュリティーで守られた6大陸17カ国、約50カ所におよぶデータセンターが含まれています。IBMはアナリティクスやWatsonからブロックチェーンやIoTに至る幅広いエンタープライズ・クラウド・サービスを提供し、お客様のデジタル環境の変革において、より多くの選択肢と柔軟性を提供します。

Workdayは、IBMクラウドを開発・テスト用途に加えて、長期にわたり幅広い用途向けに利用していきたいと希望しています。本日の発表は、IBMとWorkdayのパートナーシップに基づいており、本パートナーシップにより、IBMのグローバルなWorkdayコンサルティング・サービス、Workdayの大手サービス・パートナーであるMeteorixの2015年買収、IBMによるWorkdayヒューマン キャピタル マネジメントを活用したIBM社員の世界的な管理に利用されています。

当報道資料は、2016年8月15日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
http://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/50344.wss

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate