企業利用Macの導入・管理・運用支援サービス「IBM Managed Mobility Services for Mac」


TOKYO - 16 5 2016:
2016年5月16日

日本IBMは、企業において社員が業務に適したモバイル・デバイスを選択する際にMacを希望するニーズの高まりに適切に対応するため、企業利用Macの導入・管理、運用支援などを安全かつ容易に行うサービス「IBM® Managed Mobility Services for Mac (以下MMS for Mac)」を、本日より提供開始することを発表しました。

ユーザー・エクスペリエンスや使いやすさを重視してMacを業務に利用したいという企業ニーズが高まっており、社員が個人所有のデバイスを業務に使用するBYOD (Bring Your Own Device)の普及や、企業提供によるデバイス選択肢CYOD(Choose Your Own Device) の拡大といった動きがあります。そのため、Mac利用に際して、迅速に業務を展開できること、管理や監視が容易なこと、社員自らが利用できるポータルを提供していることなど、導入・管理・運用を最適に行うサービスが求められています。

IBMではユーザー中心のワークプレース環境への変革の取り組みを推進し、自らが高度でセキュアなIT環境において迅速かつ大規模に世界中の従業員に対してMacを展開しています。この取り組みにより、Macの大規模導入のベスト・プラクティスが確立されると同時に、従業員満足度の向上、管理プロセスの簡素化、サポート品質の改善などを実現しました。

本サービスは、IBM自身のMacの大規模導入経験に基づき、2015年8月にグローバルで発表されたサービスを、日本のお客様向けに日本語対応などを追加し、日本IBMから提供するものです。主な提供機能は、Apple製品管理で業界をリードするJAMF Software社Casper Suiteを利用したMacデバイスの管理、Over-the-airプロビジョニングによる迅速な展開サポート、アプリケーションとセキュリティー・ポリシー設定情報の配布とサポート情報への統合アクセス窓口となるセルフサービス・ポータルです。IBMは、初期サービスとしてデバイス管理環境のセットアップ、定常運用サービスとして管理環境の運用および定期的なアプリケーションや修正プログラム、管理ポリシーの更新と配信を行います。

IBMは、社員がそれぞれの業務ニーズに合わせて最適なモバイル・デバイスを柔軟に選択できることで、デバイスに縛られないユーザー中心のワークプレース環境を実現できるよう、本サービスの機能を継続して強化・拡張していきます。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Mobile