Skip to main content

「T&Iイノベーションセンター株式会社」の設立について


TOKYO - 11 5 2016:

2016年5月11日

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、千葉銀行(頭取 佐久間 英利)、第四銀行(頭取 並木 富士雄)、中国銀行(頭取 宮長 雅人)、伊予銀行(頭取 大塚 岩男)、東邦銀行(頭取 北村 清士)及び北洋銀行(頭取 石井 純二)の6行との共同出資会社「T&Iイノベーションセンター株式会社」(以下、「T&I」)を設立いたしますので、お知らせします。

T&Iでは、これまで「TSUBASA金融システム高度化アライアンス」(以下、「本アライアンス」)で取り組んできたフィンテックに関する調査・研究を継続していくとともに、新たにフィンテックを活用した金融サービスの企画・開発業務等を行ってまいります。

T&Iの概要は下記のとおりです。

商号 T&Iイノベーションセンター株式会社
資本金 1億円
株主構成 千葉銀行:40%、第四銀行:10%、中国銀行:10%、伊予銀行:10%、
東邦銀行:10%、北洋銀行:10%、日本アイ・ビー・エム:10%
設立予定日 平成28年7月1日(金曜日)
所在地 東京都中央区日本橋1丁目5番5号
事業内容

日本IBMは、T&Iの活動を通じて、コグニティブ、モバイル、ビッグデータ・アナリティクス等のテクノロジーを活用し、本アライアンスに参加する金融機関が革新的な金融サービスを実現することを支援していきます。

※TSUBASA金融システム高度化アライアンスについて
金融分野における先進的なIT技術(フィンテック)とその活用について共同で調査・研究を行う組織として、平成27年10月に、千葉銀行・第四銀行・中国銀行が加盟して発足。平成28年3月には、新たに伊予銀行・東邦銀行・北洋銀行が加わり、現在6行が加盟しています。日本IBMは本アライアンスをテクノロジー・パートナーとして、ご支援しています。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Banking and Financial Services
No description at this time.