「Open for Data」戦略に基づき、クラウド・データ・サービスを拡充

Apach Sparkなどのオープンソース・ソフトウェアを基盤とするデータ活用環境と、既存データベース製品の拡充で、多様なデータ活用とアプリ開発を支援

TOKYO - 11 5 2016:
2016年5月11日

日本IBMは、企業がハイブリッド・クラウド環境でのデータ活用と多様なデータを扱えるアプリケーション開発を支援するため、以下のハイブリッド・クラウド対応のデータベース・サービスと製品を拡充します。IBMは、「Open for Data(オープン・フォー・データ)」*1という戦略を掲げて、企業がコグニティブ・ビジネスを実現するために必要な様々なデータと、それらのデータを分析するための分析基盤を提供するため、各分野のオープンソース・ソフトウェアへの投資*2を加速しています。

クラウドで提供するデータ分析環境サービスである「IBM® Cloud Data Services」は、従来からIBM Bluemixを通じて提供するCloudant、dashDB、BigInsights for Apache Hadoop、Apache Sparkなどのサービスに加えて、この度、IBM Compose Enterprise、IBM Graph(ベータ版)、IBM Predictive Analytics、IBM Analytics Exchange(ベータ版)を新たに拡充しました。企業は本サービスを利用することで、データ分析環境の構築と管理に関わる業務の生産性をさらに高め、オープンソース・ソフトウェアの技術を活用して顧客サービスの向上やIoTなどの業務で必要となる各種データ分析を行うことができます。

「IBM DB2 11」は、複数のデータベースを一つの仮想データベースとして扱い、他社製データベースやHadoopなどへも透過的にアクセスできるフェデレーション機能を標準装備することで、ハイブリッド・クラウド環境でのトランザクションおよびアナリティクスの両ワークロードへの対応をさらに強化します。また、インメモリーとカラムナー処理などを得意とするBLU Acceleration機能を超並列処理 (MPP) ネットワーク・クラスター・アーキテクチャーに導入することで、パフォーマンスが向上します。最新のIBM DB2では、オンプレミスとクラウドのライセンス体系を共通化したDB2 Direct Standard Editionおよび DB2 Direct Advanced Editionを提供します。

IBM dashDB Transactionalは、フルマネージドのクラウドサービスとして、高いパフォーマンスのトランザクション型データベースを提供します。従来から提供するデータウェアハウスであるdashDBと同じコンソールから、テーブルやデータを操作できます。

IBM DataStage on Cloud
オンプレミスで多くの実績を持つETLツールである、IBM DataStageをクラウド上で利用できます。GUIによるドラッグ&ドロップを主体とする操作でのETLジョブの設定や、データ量増加に応じた並列変換プロセスなどの優れた機能をクラウド上でそのまま利用できます。

「IBM Cloud Data Services」に加わったサービスは次の通りです。

*1: データと、そのデータを活用するための開かれたデータ活用環境の提供を通じて、お客様の革新を支援し、企業価値を高めるためのアプローチ
*2: 現在、CouchDB、RethinkDB、Redis、etcd、HBase、Tinkerpop、Titan、R、Jupyter、Zeppelin、Spark、Hadoop、Kafka、RabbitMQ、PostgresSQL、Elasticsearch、Luceneに対応した製品とサービス開発を推進

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing