Check PointとIBMセキュリティー、脅威防止に向けて提携拡大

サイバー犯罪を防止する新しい連携アプローチとして、脅威インテリジェンスを共有し、テクノロジーとサービスを統合

TOKYO - 04 3 2016:

2016年3月4日

[米国カリフォルニア州サン・カルロス、ニューヨーク州アーモンク - 2016年2月25日(現地時間)発]

Check Point® Software TechnologiesおよびIBM(NYSE: IBM)セキュリティーは本日(現地時間)、セキュリティー業界がサイバー犯罪の防止に共同で取り組む動きが増えてきたことを受け、脅威インテリジェンスの共有を含む提携の拡大を発表しました。また、両社は、多岐にわたる製品の統合とともに、IBMのコンサルティングおよびマネージド・セキュリティー・サービスを通じた投資の拡大を発表しました。

サイバー犯罪は、急速にビジネスに影響を及ぼす重大な脅威となっており、国連によると、年間4,450億ドルの利益をもたらす、世界最大の違法なマーケットの一つです。この複雑で危険性の高い攻撃に対処するため、Check PointとIBMセキュリティーの提携拡大は、セキュリティー・リスクを検出するだけでなく、サイバー攻撃を未然に防ぐツールによりお客様の環境を強化する、より高いレベルの信頼性を提供することを狙いとしています。

新たな提携には、主に4つの分野における連携が含まれます。

Check Pointのセキュリティー・ソリューション担当のバイス・プレジデントであるアヴィ・レムバウム(Avi Rembaum)氏は、次のように述べています。「今日のビジネス環境は、これまでよりも、周囲とのつながりが複雑かつ革新的で、お客様が潜在的な脅威の一歩先を行けるよう支援する、革新的な方法が求められています。Check PointとIBMセキュリティーの両社は、セキュリティーに対し、防止第一の考え方を採用しています。インテリジェンスの共有とテクノロジーの統合を通じて、私たちは、お客様のセキュリティー・プログラムの向上を支援し、業界の新しい協力モデルを構築することを目標としています」

IBMセキュリティーの戦略担当バイス・プレジデントであるカレブ・バーロウ(Caleb Barlow)は、次のように述べています。「インテリジェンスと専門知識を共有することで、セキュリティー業界は、自分たちの防御能力を次のレベルに進化させることができます。サイバー犯罪の犯人にとって、共有という概念は目新しいものではなく、私たちの業界はこの課題に対し強化する必要があります。Check Pointという卓越したパートナーにこのアプローチを検証してもらえるので、両社のお客様にとって大きなメリットがあります」

Check Pointについて詳しくは下記をご覧ください。

Check Pointブログ:http://blog.checkpoint.com/
Twitter:http://www.twitter.com/checkpointsw
Facebook:http://www.facebook.com/checkpointsoftware
YouTube:http://www.youtube.com/user/CPGlobal
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/check-point-software-technologies

Check Point Software Technologies Ltdについて
Check Point Software Technologies Ltd.(http://www.checkpoint.com (US))は、世界最大のセキュリティー専業ベンダーで、業界有数のソリューションを提供し、マルウェアやその他のタイプの脅威に対し、類を見ない検出率でサイバー攻撃からお客様を保護しています。Check Pointは、ネットワークからモバイル・デバイスにいたるまで、企業を保護する完全なセキュリティー・アーキテクチャーに加え、もっとも包括的で直感的に使用できるセキュリティー管理を提供しています。Check Pointは、100,000を超えるあらゆる規模の組織を保護しています。Check Pointを採用すれば、将来は安心です。

IBMセキュリティーについて
IBMセキュリティーは、企業向けセキュリティー製品およびサービスのうち、最も高度で統合されたポートフォリオの一つを提供しています。そのポートフォリオは、世界でも有数のIBM X-Forceリサーチによりサポートされており、企業が効果的にリスクを管理し、発生する脅威を防止できるようにします。IBMは、セキュリティーの研究開発、企業へのデリバリーを行う世界最大級の組織を運営しています。1日に133カ国以上で180億件以上にものぼるセキュリティー・イベントを監視し、3,000を超えるセキュリティー関連の特許を取得しています。詳しくは、IBMセキュリティーページ http://www.ibm.com/security (US)、Twitter(@IBMSecurity)、またはIBMセキュリティー・インテリジェンスのブログhttp://securityintelligence.com/ (US)をご覧ください。

当報道資料は、2016年2月25日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
http://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/49200.wss (US)

IBM マネージド・セキュリティー・サービス:https://ibm.biz/BdX4WD
IBM Security QRadar: https://ibm.biz/BdXPB3
IBM X-Force Exchange : http://xforce.ibmcloud.com/
IBM App Exchange ページ (英語) : www.ibm.com/security/engage/app-exchange/

<報道関係者お問い合わせ先>
日本アイ・ビー・エム株式会社 広報 下岡
TEL:050-3150-5503 E-mail:masakos@jp.ibm.com/ 広報代表 Tel: 03-3808-5120

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate