IBMとVMware、エンタープライズ・ハイブリッド・クラウドの採用を促進するため 戦略的提携を発表

新たなグローバル・コラボレーションにより、VMwareベースのクラウドの構築と導入が容易に

TOKYO - 23 2 2016:
2016年2月23日

[IBM InterConnect 2016 - 米国ネバダ州ラスベガス - 2016年2月22日(現地時間)発]

IBM(NYSE:IBM)およびVMware, Inc.(NYSE: VMW)は本日(現地時間)、クラウドのスピードと経済性をさらに活用できるよう企業を支援することを目的とした戦略的提携を発表しました。この新たな取り決めにより、企業のお客様は既存ワークロードを、自社オンプレミスのソフトウェア定義のデータ・センターからクラウドへ容易かつ安全に拡張できます。

IBM and VMware Announce Strategic Partnership to Accelerate Enterprise Hybrid Cloud Adoption

Fortune 100に選出されたお客様のほぼ100%がVMwareテクノロジーを活用しているなか、この協業は、お客様が数千のデータ・センターにわたって投資を維持、拡大するのに役立ちます。

お客様は、IBMが世界の45カ所で運用するクラウド・データ・センターの拡大する占有スペースとあわせて、VMwareの定評のあるテクノロジーを活用できるようになるため、企業は費用の見直しや開発リスク、セキュリティーに関する懸念事項を回避しながら、グローバルに規模を拡張できるようになります。

IBMとVMwareは、事前構成済みのVMware SDDC環境を、お客様が自動でプロビジョニングできるようにするアーキテクチャーおよびクラウド・オファリングを共同で設計しました。この環境は、IBMクラウド上のVMware vSphere、NSX、Virtual SANで構成されています。

このSDDC環境が機能すれば、お客様は、VMwareに基づく共通のセキュリティー・モデルとネットワーク・モデルにより、このハイブリッド・クラウド環境にワークロードを修正なしで展開できるようになります。

IBMは、自社の包括的なCloudBuilderツールとワークロード自動化機能を利用し、事前構成済みワークロードやカスタム・ワークロードを、VMwareのソフトウェア定義のデータ・センター・アーキテクチャー用設計パターンにより検証されたクラウドへ、自動的にプロビジョニングします。さらに、VMwareは、環境をIBMクラウドに展開し、お客様のローカル・データ・センターの一部であるかのように管理できるよう、vRealize AutomationおよびvCenterの管理ツールを拡張しました。

また、両社は、ハイブリッド・クラウド導入のための新規オファリングを共同でマーケティングし、販売する予定です。これには、シームレスなワークロードの移行、災害復旧、容量拡大、データ・センター統合などが含まれます。

VMware最高経営責任者であるパット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏は、次のように述べています。「この協業は、14年以上にわたるIBMとの関係の延長にあり、より迅速かつ容易にハイブリッド・クラウドを導入できるようお客様企業を支援するという共通のビジョンを実践するものです。当社のお客様は、高度なワークロード自動化機能により、自社の実績のあるソフトウェア定義のソリューションを効率的かつ安全に導入して、IBMクラウドの柔軟性と費用対効果を活用できるようになります」

IBMクラウド担当シニア・バイス・プレジデントであるロバート・ルブラン(Robert LeBlanc)は、次のように述べています。「ビジネスの大部分が実行される土台となるプラットフォームとしては、クラウドは限界点に達しつつあります。IBMとVMwareの戦略的提携により、お客様は、自社の既存投資を維持し、新たなビジネス機会を創出できるようになると同時に、クラウドを容易に受け入れることができるようになります」

ほかにも、お客様にとって次のようなメリットがあります。

IBMについて
IBMクラウドは、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドのサービスへの、すばやく簡単な、自動化されたアクセスを提供します。これにより、企業は全体的なITコストを抑えながらも、俊敏性と生産性を高めることができます。IBMは、クラウド・サービスの完全なポートフォリオを提供し、ビッグデータ、アナリティクス、モバイル、コグニティブ・コンピューティングなど、幅広いアプリケーションをサポートします。

VMwareについて
VMwareは、クラウド・インフラストラクチャーおよびビジネス・モビリティーにおけるグローバル・リーダーです。VMwareの業界をリードする仮想化テクノロジーに基づき、同社のソリューションは、円滑で迅速、かつよりセキュアなITの優れた最新モデルを提供します。お客様は、あらゆるアプリケーションの短期間での開発、自動配信、より安全な利用によって、イノベーションを加速させることができます。VMwareは、2015年の収益が66億ドルに上り、50万社を超える顧客と75,000社を超えるパートナーを有しています。シリコンバレーに本社を置き、世界中にオフィスを展開しています。詳しくは、http://www.vmware.com/をご覧ください。

VMware、vSphere、vCloud、vCloud Air、vCenter、およびvRealizeは、VMware, Inc.または子会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。ここで挙げられたその他の商標および名称は、それぞれ各社の商標である場合があります。

将来予測に関する記載
このプレス・リリースに含まれる将来予測に関する記載には、特に、IBMとVMwareの戦略的提携の有用性、特徴、利点に関する内容などがあります。これらの将来予測に関する記載は、1995年米国私募証券訴訟改革法セーフ・ハーバー条項で規定されています。実際の結果は、リスク要因の結果として、将来予測に関する記載で予想された内容とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク要因には次のものが含まれますがこの限りではありません。(i)一般的な経済または市場の不利となる変化、(ii)価格設定圧力、業界統合、VMwareの競合による、仮想化ソフトウェアおよび仮想化クラウド、エンド・ユーザー・コンピューティングおよびモバイル・コンピューティング業界、新製品やマーケティングの取り組みへの新規参入者など(事例はこの限りではありません)の競争要因、(iii)新たなテクノロジーに対する、顧客の受容度の不確定さ、(iv)複雑なテクノロジーを統合する困難、(v)仮想化ソフトウェアおよび仮想化クラウド、エンド・ユーザー・コンピューティングおよびモバイル・コンピューティング業界の急速な技術的変化、(vi)製品やサービス展開の予定変更、(vii)スキルの高い従業員を留めておく求心力です。これらの将来予測に関する記載は、現在の予想に基づき、本プレス・リリースの公表日時点に作成されたもので、状況の不確定要素および変化、重要性、価値および効果、IBMとVMwareの最新の年次報告書(フォーム10-K)、四半期報告書(フォーム10-Q)、および随時提出するフォーム8-K報告書など、米国証券取引委員会(SEC)への提出資料に詳述されているその他のリスクにより影響を受けます。よって、実際の結果は予想とは異なる可能性があります。IBMおよびVMwareは、本プレス・リリースの日付より後に、将来予測に関する記載を更新する義務を負うことは一切なく、更新の予定も現時点ではありません。

当報道資料は、2016年2月22日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/49154.wss (US)

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing
Corporate