IBM、2013年度第4四半期および2013年度通期の連結決算を発表


TOKYO - 22 1 2014:

2014年1月22日

IBM、2013年度第4四半期および2013年度通期の連結決算を発表

[米国ニューヨーク州アーモンク 2014年1月21日(現地時間)発]

IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長、社長兼CEO:バージニア・M・ロメッティ、NYSE:IBM)は、2013年度第4四半期の連結決算を発表しました。2013年度第4四半期の潜在株式調整後の1株あたり利益は、前年同期の5.13ドルから12%増の5.73ドルとなりました。また、営業ベース(非GAAP)の潜在株式調整後1株あたり利益は、前年同期の5.39ドルから14%増の6.13ドルとなりました。

税務監査の恩恵を含む当第4四半期の純利益は、前年同期の58億ドルから6%増の62億ドルとなりました。営業ベース(非GAAP)の純利益は、前年同期の61億ドルから8%増の66億ドルとなりました。

会長、社長兼CEOのロメッティは、次のように語っています。「当社は引き続き、ポートフォリオの大半において業績は好調で、2013年も1株当たり利益を伸ばしました。当社の未来を担うビジネスで堅調な成長を実現したものの、全社的な通期業績を考慮して、私をはじめとする経営陣は2013年の年間奨励給の受け取りを見送ることを提案しました。2014年に入り、IBMはビジネスの変革をさらに進めるとともに、企業成長を促進し高い価値を生み出す分野への積極的な投資を続けていきます。業界でのリーダーシップ確立と継続的な変革に向けた長期戦略の一歩として、2015年度における営業ベースの1株あたり利益を20ドル以上にするという目標に向け、当社は順調に歩みを進めています。」

第4四半期のGAAPベースおよび営業ベース(非GAAP)の調整
2013年度第4四半期の営業ベース(非GAAP)の潜在株式調整後の利益には、1株あたり0.40ドルの正味費用が除外されています。この内訳は、購入済無形資産の償却およびその他の買収関連費用としての1株あたり0.25ドルと、主に市場の業績に関連した年金資産および負債の変更に伴う退職関連費用である1株あたり0.15ドルです。

2014年度通期予測
2014年度通期におけるGAAPベースの潜在株式調整後の1株あたり利益は17.00ドル以上、また営業ベース(非GAAP)の潜在株式調整後の1株あたり利益は18.00ドル以上と予測しています。2014年度の営業ベース(非GAAP)の潜在株式調整後の1株あたり利益予測は、購入済無形資産の償却、その他の買収関連費用、主に市場の業績に関連した年金資産および負債の変更に伴う退職関連費用として、1株あたり1.00ドルを除外しています。

ソフトウェア
当第4四半期のソフトウェア部門の収益は、前年同期比3%増(為替変動の影響を調整した場合は4%増)の81億ドルでした。ソフトウェア部門の税引前利益は前年同期比6%増の42億ドルでした。

WebSphere、Information Management、Tivoli、Social Workforce Solutions、Rationalの各製品を含む主要なミドルウェア製品全体の収益は58億ドルで、前年同期比5%増(為替変動の影響を調整した場合は6%増)となりました。オペレーティング・システムの収益は6億8,700万ドルで、前年同期比3%減(同2%減)でした。

WebSphereソフトウェア製品群の収益は、前年同期比14%増となりました。各製品の収益は、Information Managementで5%増、Tivoliソフトウェアで1%増、Social Workforce Solutionsソフトウェアで2%増。Rationalソフトウェアは変動がありませんでした。

サービス
当第4四半期のグローバル・テクノロジー・サービス事業全体の収益は、前年同期比4%減(為替変動の影響を調整した場合は1%減)の99億ドルとなりました。グローバル・ビジネス・サービス部門の収益は、1%増(同4%増)の47億ドルとなりました。

グローバル・テクノロジー・サービス事業の税引前利益は2%減で、税引前利益率は19.5%に増大しました。グローバル・ビジネス・サービス部門の税引前利益は12%増で、税引前利益率は19.1%に増大しました。

2013年12月31日時点での推計受注残高は、前年同期比2%増(為替変動の影響を調整した場合は5%増)の1,430億ドルとなりました。

ファイナンシング
当第4四半期のグローバル・ファイナンシング部門の収益は、前年同期から変動なし(為替変動の影響を調整した場合は3%増)の5億3,400万ドルでした。当部門の税引前利益は14%増の5億8,900万ドルとなりました。

ハードウェア
当第4四半期のシステムズ・アンド・テクノロジー部門の収益は総額で43億ドルとなり、前年同期比26%減でした。システムズ・アンド・テクノロジー部門の税引前利益は7億6,800万ドル減少し、2億ドルでした。

システム製品全体の収益は25%減となりました。このうち、System zメインフレーム・サーバーによる収益は前年同期比37%減となりました。当第4四半期のSystem zの総出荷量は、MIPS(毎秒100万回の命令実行能力)換算で26%減となりました。Power Systemsによる収益は前年同期比31%減となりました。System xによる収益は同16%減でした。システム・ストレージの収益は前年同期比13%減です。マイクロ・エレクトロニクスのOEMの収益は33%減となっています。

地域別業績
南北アメリカ地域の当第4四半期の収益は122億ドルで、前年同期比3%減(為替変動の影響を調整した場合は2%減)となりました。欧州/中東/アフリカ地域の収益は1%増(同2%減)の92億ドルでした。アジア太平洋地域の収益は、前年同期比16%減(同6%減)の59億ドルでした。OEM事業の収益は4億5,200万ドルで、前年同期比33%減となりました。

成長市場
成長市場を統括する組織の収益は9%減(為替変動の影響を調整した場合は6%減)でした。BRIC諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)における収益は14%減(同11%減)でした。

売上総利益
2013年度第4四半期におけるIBM全体の売上総利益率は、前年同期の51.8%に対して51.7%となりました。第4四半期における営業ベース(非GAAP)の売上総利益率は、サービス事業の成長とソフトウェアのミックスが寄与し、前年同期の52.3%に対して52.6%となりました。

費用
総費用およびその他の収益は、前年同期から変動なしの74億ドルとなりました。販売費および一般管理費は、前年同期比1%増の60億ドルでした。研究、開発および技術費は、前年同期比1%減の16億ドルでした。知的所有権と特別仕様開発による収益は、前年同期の2億2,700万ドルから2億100万ドルに減少しました。その他(収益)および費用は、1億1,300万ドルの収益となりました。これに対し前年同期は4,700万ドルの収益でした。支払利息は、前年同期の1億900万ドルから1億1,300万ドルに増加しました。

営業ベース(非GAAP)の営業費用およびその他の収益は、前年同期から1%減の71億ドルでした。営業ベース(非GAAP)の販売費および一般管理費は前年同期から変動なしの58億ドルでした。営業ベース(非GAAP)の研究、開発および技術費は、前年同期比2%減の16億ドルでした。

***

税引前利益は前年同期比11%減の70億ドル、営業ベース(非GAAP)の税引前利益は8%減の74億ドルでした。また、税引前利益率は1.6ポイント減の25.1%、営業ベース(非GAAP)の税引前利益率は0.8ポイント減の26.8%となりました。

IBMの税率は前年同期比14.3ポイント減の11.2%でした。営業ベース(非GAAP)の税率は、前年同期比13.5ポイント減の11.0%です。税率の変動は、税務監査に関連した恩恵を含む、個別期間の税目によるものです。

当期純利益率は2.4ポイント増の22.3%です。営業ベース(非GAAP)の当期純利益率は3.0ポイント増の23.9%となりました。

期中における発行済希薄化後普通株式の加重平均値は、前年同期の11億4,000万株に対して10億8,000万株となりました。

第4四半期に当社は、グローバル・ファイナンシング事業における売上債権を除くと、前年同期から11億ドル減の84億ドルのフリー・キャッシュフローを創出しています。

2013年度通期の業績
2013年12月31日を期末とする通期の純利益は、前年度通期の166億ドルから1%減の165億ドルとなりました。営業ベース(非GAAP)の純利益は、前年度の176億ドルから2%増の180億ドルとなりました。

潜在株式調整後の普通株式1株あたり利益は14.94ドルで、前年度の14.37ドルから4%増となりました。営業ベース(非GAAP)の1株あたり利益は16.28ドルで、前年度の15.25ドルから7%増となりました。第2四半期の人員再調整費用の影響を除外した営業ベース(非GAAP)の1株あたり利益は16.99ドルでした。

2013年度通期の総収益は、前年度通期の1,045億ドルから5%減(為替変動の影響を調整した場合は2%減)の998億ドルとなりました。

GAAPベースおよび営業ベース(非GAAP)の調整
2013年度通期の営業ベース(非GAAP)の潜在株式調整後の利益には、1株あたり1.34ドルの正味費用が除外されています。この内訳は、購入済無形資産の償却およびその他の買収関連費用である1株あたり0.68ドルと、主に市場の業績に関連した年金資産および負債の変更に伴う退職関連費用である1株あたり0.66ドルです。

地域別業績
南北アメリカ地域の2013年度通期の収益は432億ドルで、前年比3%減(為替変動の影響を調整した場合は2%減)となりました。欧州/中東/アフリカ地域の収益は316億ドルで、前年から変動なし(同2%減)となっています。アジア太平洋地域の収益は前年比12%減(同3%減)の229億ドルでした。OEM事業の収益は20億ドルで、前年比13%減(同12%減)となりました。

成長市場
成長市場を統括する組織の収益は5%減(為替変動の影響を調整した場合は2%減)で、当社の地域別収益の23%を占めています。BRIC諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)における収益は8%減(同6%減)となりました。

セグメント別
2013年度のソフトウェア部門の収益は259億ドルで、前年比2%増(為替変動の影響を調整した場合は3%増)となりました。グローバル・サービス事業全体の収益は前年比3%減(同、変動なし)となりました。グローバル・テクノロジー・サービス部門の収益は386億ドルで、前年比4%減(同1%減)となりました。グローバル・ビジネス・サービス部門の収益は1%減(同3%増)の184億ドルとなりました。グローバル・ファイナンシング部門の収益は、前年と変動なし(同3%増)の20億ドルでした。システムズ・アンド・テクノロジー部門の収益は19%減(同18%減)の144億ドルでした。

***

IBM全体の2013年度通期の売上総利益率は、前年度の48.1%に対して48.6%となりました。売上総利益率の前年比成長は、これで10年連続の達成となりました。営業ベース(非GAAP)の2013年度通期の売上総利益率は、サービス部門の利益増およびソフトウェアのミックスが牽引力となり、前年度の48.7%に対して49.7%となりました。

期中における発行済希薄化後普通株式の加重平均値は、前年度の11億6,000万株に対して11億株となりました。2013年12月31日現在の発行済普通株式総数は10億5,000万株でした。

グローバル・ファイナンシング事業を含めた債務総額は、2012年度末の333億ドルに対して397億ドルとなりました。セグメント別では、グローバル・ファイナンシング事業の負債総額は前年度末の245億ドルに対して275億ドルで、負債総資本比率は7.2対1となりました。グローバル・ファイナンシング事業を除いた負債総額は122億ドルとなり、2012年度末から34億ドル増加しています。これにより、負債総資本率は36.1%から39.0%に増加しました。

2013年度末のIBMの手元現金は111億ドルで、グローバル・ファイナンシング事業における売上債権を除くとフリー・キャッシュフローは150億ドルとなり、前年度比で約32億ドル減少しています。当社は41億ドルの配当と139億ドルの株式買戻しにより、179億ドルを株主に還元しました。当社の財務状況は依然として健全であり、長期間にわたる事業を運営するための良好な態勢が整っています。

将来予測に関する記載および注意事項
このプレスリリースに記載された内容のうち、歴史的事実や議論にわたる部分を除く記述は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が規定する「将来予測に関する記載」に該当します。この将来予測に関する記載は、将来の事業および財務実績に関する当社の現在予測に基づいています。これらの記載は、複数のリスクや不確定要素などの要因を含んでいるものであり、これらにより実際の結果が著しく異なったものとなる可能性があります。このような要因としては、景況の低迷および企業のIT投資予算の減少、当社の成長目標および生産性目標の未達成、イノベーションによるイニシアティブの不首尾、成長機会への投資のリスク、当社の知的財産ポートフォリオの競合製品を阻止する能力および必要なライセンスを取得する能力の不足、サイバーセキュリティおよびデータプライバシーへの配慮、財務結果および仕入価格の変動、営業地域の法令、経済、政治および医療といった各種条件による影響、環境問題、税務および企業年金制度による悪影響、効果の上がらない内部統制、当社の会計上の見積もりの使用、重要な人材を獲得および保持する当社の能力および重要なスキルへの当社の依存、重要なサプライヤーとの業務関係および政府関連のクライアントとの事業による影響、通貨変動および顧客の財務リスク、市場流動性の状況変化および売上債権の顧客信用リスクによる影響、サードパーティの提供する流通チャネルへの依存、企業買収および業務提携を滞りなく管理する当社の能力、IBM株式に関連するリスク要因、以上に加え当社が米国証券取引委員会(SEC)に提出したフォーム10-Q、フォーム10-K、その他の書類、および当該書類に盛り込まれた資料に述べられているその他のリスク、不確定要素、要因などがあります。このプレスリリースにおける将来予測に関するいかなる記載事項も、発表日の時点での内容を述べているだけに過ぎません。当社は将来予測に関する記載を更新または修正する義務を一切負うことはありません。

当プレスリリースにおける情報の開示
当社は投資家の皆様に対し、GAAP(Generally Accepted Accounting Principles)の基準に従い、当社の財務結果についてさらなる詳細情報の提供に努めておりますが、それに加えて当リリースにおいてGAAP以外の基準に基づく情報も公開しています。以下がこれに該当し、経営陣は当該情報が投資家に有益な情報となるものと考えております。

IBMの業績および予測について

当社がGAAP以外の基準を使用した理論的根拠は、当第4四半期の決算資料で提示している補足的資料の一部として記載されています。こうした資料は、IBMの決算情報Webサイト http://www.ibm.com/investor (US)でご覧いただけます。また、当プレスリリースを内容として含んでおり、本日(現地時間1月21日)付で証券取引委員会に提出されるフォーム8-Kの書類の付属書II(GAAP以外の基準についての補足書)にも同様に記載しています。



当報道資料は、2014年1月21日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
http://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/43008.wss (US)

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate