スタートアップ支援を推進


TOKYO - 12 9 2014:

2014年9月12日

スタートアップ支援を推進
インキュベーション・プログラム「BlueHub」を発表

日本IBM(社長:マーティン・イェッター)は、国内における新たな事業の創造を目的に創意工夫するベンチャー企業を支援するため、スタートアップ企業支援を推進するインキュベーション・プログラム「BlueHub(ブルーハブ)」を開始することを発表します。当プログラムは、スタートアップ企業の斬新なアイディアを事業化する支援として、インキュベーションの実績があり、起業を支援するシードアクセラレーター*1であるパートナー企業と協力して、オフィスとして利用できるシェアード・スペースの提供、創業前に必要な事業計画をまとめた資料作成などの起業相談、およびワークショップの共同開催などを行います。

政府が経済政策(成長戦略)の一環として施行した産業競争力強化法などの取組や、民間企業によるベンチャー企業支援が活発になり始めています。日本IBMは、これらの政府や民間企業が推進する起業家支援と同様に、日本の長期的な成長と競争力に貢献するスタートアップ企業の支援を推進するため、起業において重要となるスタートアップのプロセスを支援します。

日本IBMは、当プログラムの提供開始にあたり、株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:榊原健太郎)や会員制シェアードワークプレイス「co-ba shibuya」を運営する株式会社ツクルバ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:村上浩輝・代表取締役CCO:中村真広)と協力します。当プログラムでは、本年10月から対象企業の選考を開始します。

*1 創業前や創業直後のベンチャー企業に小額出資し、経営の指導や助言をする会社。米国では2005年ごろから広まる。(日経産業新聞から引用)

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate