テスト・アウトソーシング強化とモバイル対応テストサービス追加


TOKYO - 28 7 2014:

2014年7月28日

テスト・アウトソーシング強化とモバイル対応テストサービス追加
アプリケーション開発・保守の信頼性向上、コスト削減、高速化を
IBMのテストに関するテクノロジー、リソース、ナレッジで実現

日本IBM(社長:マーティン・イェッター)は、現行の「IBMテスティング・サービス」の内、アプリケーション開発・保守のテスト作業全体を管理も含めて受託するフルマネージメント型の「IBM®テスト・アウトソーシング」を強化し、今後、需要の急増が見込まれるモバイル・アプリケーションに対応したサービスである「IBMモバイル・テスティング」を新たに本日より提供します。

開発や保守におけるテスト工程の割合は一般に30%から50%と言われておりますが、今後、モバイル・アプリケーション開発の急増に伴い、多様なモバイル端末への稼働確認や、既存システムとの連携や端末間の連携といった複雑な業務の開発などにより、テスト作業がさらに増大することが予想されます。一方、ビジネスのスピードに対応するためには開発・テストの迅速化が求められており、同時に、第三者視点での評価による信頼性向上、テスト自動化などの効率化によるITコスト削減は変わらぬ重要なテーマです。これらの相反する複合的な課題を解決するために、テスト領域に対するより効果的なソリューションへのニーズが高まっています。

「IBM テスト・アウトソーシング」は、お客様の開発・保守チームと連携しながら、テスト作業全般を、管理を含めてIBMが責任をもって実施するフルマネージメント型のテストサービスです。サービス対象領域は、テスト計画の策定、テスト準備・設計・実行、欠陥分析、報告といったテスト作業全般(フル・ライフサイクル・テスト)であり、開発と並行したテスト計画・準備による全体工期の短縮、上流での欠陥の検出・テスト欠陥分析の上流工程へのフィードバックによる品質向上や手戻りの削減、自動化などの効率的なテストによる信頼性向上とコスト削減の両立を実現します。デリバリーにあたっては、中国・大連などのテスト・センターを含むテスト専門チームが、IBMがグローバルで30年にわたり蓄積したナレッジ、テスト自動化ツール、メソドロジーを、お客様のニーズに合わせて最適化した上でIBMが責任をもって実施し、テストに関する複合的な課題を解決し、信頼性向上、コスト削減、高速化をお客様とともに実現します。お客様にとっては、テスト関連作業をアウトソーシングすることで、開発・保守チームがビジネスに直結した「ものづくり」の設計・構築に専念できることになります。テスト・アウトソーシングの適用にあたっては、お客様の現状とニーズに合わせた移行ステップを提示します。

モバイル対応として追加される「IBMモバイル・テスティング」は、モバイル・アプリケーション・マネジメント・ライフサイクルにおいて重要な位置づけとなるサービスです。IBMが推進するモバイル・エンタープライズ・アプリケーションの統合プラットフォーム(MEAP)である「IBM Worklight」を軸として、開発・保守・管理と連携しながら、複数OS、複数バージョン、多機種、既存システムとの連携 などにより膨大となるモバイル開発のテスト負荷を最適化していきます。「IBM Worklight」および「Rational Test Workbench」を活用することで、継続的なテストとリリース、仮想デバイスでの効率的な自動テストを実現し、コスト・時間のかかる実機テストについても、Perfect Mobile社の提供するクラウド上のオンデマンド型実機テストサービスを活用し、開発期間の短縮や効率化や実現します。また、既存システムとの連携、セキュリティ評価、性能評価についても、IBMのこれまでの基幹系開発・テストの経験で蓄積した技術に加えて「アプリケーション仮想化」、「テスト資産管理」などのRational Toolを中心としたIBMソリューションを活用して最適化します。

「IBM テスト・アウトソーシング」および「IBM モバイル・テスティング」は個別見積もりとなります。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate