企業内のセキュリティー人材育成支援、CSIRT研修サービスを開始


TOKYO - 23 7 2014:

2014年7月23日

企業内のセキュリティー人材育成支援、CSIRT研修サービスを開始
5日間30時間、実習形式を重視し実践的なスキル強化を支援

日本IBM(社長:マーティン・イェッター)は、インターネットにおけるセキュリティー上の問題が起きていないかどうか監視するとともに、万が一問題が発生した場合にその原因解析や影響範囲の調査を行う企業内の組織や要員であるCSIRT (CSIRT:Computer Security Incident Response Team)機能の充実を支援するため、「CSIRT研修」サービスを開始し、本年9月から実施します。研修期間は30時間で計5日間のコースで、料金は40万円(消費税別)です。

サイバー攻撃の高度化により、情報漏えい、情報改ざん、不正アクセスといったセキュリティー・インシデントの脅威はますます増加しています。また、企業のIT環境が複雑になる中、セキュリティー対策も複雑となっています。そのため、セキュリティー担当者に求められるのは、未然防止策だけでなく事故発生前提の考えに基づいたセキュリティー・インシデントへの対応を策定し実行することであり、企業にとっては、専門的なスキルや豊富な経験を持つ要員の育成や維持が難しく、大きな課題となっています。

今回開設する「CSIRT研修」は、セキュリティー事故発生時の対応、全体指揮、管理などに携わる担当者を対象としています。IBMが提供する緊急対応サービス「エマージェンシー・レスポンス支援サービス(Emergency Response Service)」など、セキュリティー・ベンダーが提供する支援を活用しながら、企業側の責任者として迅速な初動対応を行い、被害を最小限に抑え、適切な再発防止策を立案できることを目的とします。研修の内容は、CSIRTの概要、内部インシデントへの対応、外部からの攻撃によるインシデント対応、外部との連携や公表などの対応について、講義や実習を交えながら実践的なスキルの育成を目指します。第1回のCSIRT研修は9月8日から12日、計5日間30時間でのコース、料金は一人40万円(消費税別)です。今後は受講のニーズに応じて、開催日を決定していきます。

なお、研修の開発においては、情報セキュリティ大学院大学(学長:田中英彦、所在地:神奈川県横浜市)との産学連携を図り、研修内容の拡充を図っています。


<製品情報>
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate