生産性の高い働き方を実現する新しいメール「IBM Verse」発売


TOKYO - 06 4 2015:

2015年4月6日

デザイン・イノベーションとソーシャル・アナリティクスで
受信トレイから仕事を探し無駄を減らす

日本IBMは、利用者の働き方や優先順位、利用者間の関係性を継続的に分析するソーシャル・アナリティクス機能により、利用者にとって重要な関係者や実行すべき作業を提案する全く新しいメール環境「IBM® Verse」(バース)を本日発売します。

「IBM® Verse」を使うことによって、受信トレイの中に時系列に並んだEメールを一つひとつ読んで優先的に取り掛かるべき仕事を見つける作業を削減できるだけでなく、自分が対応すべき仕事や関係者に依頼中の仕事の見落としを防ぎます。また、IBM のデザイン・イノベーションに関する約1億ドルの投資により実現した新たなユーザー・インターフェースにより、Eメールを多用してきた世代とSNSに慣れ親しんでいる世代の両方が使いやすい環境を提供します。例として、職場や自宅でPCを使って仕事をする場合、外出先や移動中にスマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器を利用する場合など、さまざまなワークスタイルに対応します。

「IBM Verse」は、クラウド・サービス(SaaS)として提供し、使用料金は利用者あたり月額714円(税別、1~100ユーザーの場合)です。日本IBMおよびビジネス・パートナーから販売します。日本語および英語をはじめ、25ヶ国語に対応しています。

企業において、Eメールは必要不可欠なコミュニケーション手段になっています。しかし、相手の状況によらず、いつでもどこからでも送信できるEメールは、その手軽さから時に情報過多に陥り、受信トレイに届いた大量のメールを読むことで業務時間の多くを使ってしまうことが少なくありません。

また、近年、スマートフォンの普及とともにその利用者が大幅に増えているSNSは、若年層のコミュニケーション手段として、Eメールを上回ってきています。総務省の調査(*1)では、1日(平日)のソーシャル・メディアの平均利用時間が10代で48.1分、20代で45.1分であり、それぞれ23.8分、35.9分のEメールの平均利用時間を大幅に超えています。一方で、30代の場合はEメールの平均利用時間29.6分に対して、ソーシャルは12.8分、40代ではEメール29.1分に対して、ソーシャルは6.6分にとどまっており、世代間によるコミュニケーション手段の違いは顕著です。このようなコミュニケーション手段の違いが企業における生産性にも影響を与えていくことを視野に入れる必要があります。

さらに、企業においては、顧客対応時間の増加、生産性の向上、ワーク・ライフ・バランスの実現、優秀な人材の確保といった目的で、多様なワークスタイルへの対応が検討されています。PCだけでなくモバイル端末にも対応し、従来型のコミュニケーション技術だけでなく新たなコミュニケーション技術を統合したコラボレーション環境の実現は、コミュニケーション手段やワークスタイルがますます多様化する企業環境において有用です。

本日発売の「IBM Verse」は、このような課題の解決を目指し、クラウド・コンピューティング、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティーの最新技術を駆使して実現しました。また、Eメールやカレンダー、オンライン・ストレージやその他の企業向けソーシャル機能を統合し、スマートフォンやタブレット端末でも使いやすいシンプルな操作性を実現するために、IBMのソフトウェア開発者だけでなく、IBMデザイン・ラボのデザイナーが設計に加わり、大勢のお客様やビジネス・パートナーの知識や意見を取り入れました。

新製品の主な機能は以下のとおりです。

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Software