企業内外で安全に情報共有できるSNS型オンライン・ストレージ


Select a topic or year


TOKYO - 10 3 2015:

2015年3月10日

企業内外で安全に情報共有できるSNS型オンライン・ストレージ

3種類のアクセス制御とモバイル・アプリケーションで
情報セキュリティーと組織での活用を両立

日本IBMは、Eメール、カレンダー、企業内SNS、Web会議など、ビジネス向けの各種コラボレーション機能を提供するクラウド・サービス「IBM® Connections Cloud」の新たなラインアップとして、オンライン・ストレージ・サービスの機能を単独で(*1)提供する「IBM Connections Files Cloud(コネクションズ・ファイルズ・クラウド)」を本日から販売開始します。使用料金は利用者あたり月額571円(税別、1~100ユーザー)で、日本IBMおよびビジネス・パートナーから販売します。オンライン・ストレージ・サービスを単独で提供することで使用料金を抑えるだけではなく、企業は既存のEメール・システムの種類などに関わらず容易に導入できます。

Connections Files Cloudは、利用者1人あたり1テラバイトのオンライン・ストレージを提供し、モバイル端末からのアクセスが可能です。SNSの仕組みにより登録された利用者間でのコミュニケーションを実現した上で、3種類のアクセス制御で情報セキュリティーを確保し、企業内に加えて、企業外の利用者とのファイル共有を可能にします。

IBM Connections Cloudは企業や組織による契約で利用可能となり、利用者はそれぞれの組織内に登録されます。本日販売開始のIBM Connections Files Cloudでは、ファイル所有者のみ閲覧可能な「非公開」、同一組織内の利用者が閲覧可能な「公開」、組織外を含む指定された利用者のみ閲覧可能な「共有」の3種類のアクセス権を各ファイルに対して指定します。利用者は、それぞれの指定において「読者」もしくは「編集者」の権限で利用できます。これにより、個人のファイルから、企業内や取引先で共有されるファイルまで一括で保管できるだけでなく、作成初期の資料は個人のみアクセス、完成後に組織に公開し関係者によって改版された後、取引先にも共有するといった、ファイルのライフサイクルに合わせた制御が可能です。企業内と企業外で異なるストレージ・サービスを使う必要がありません。一方で、管理者は、組織内の利用者が外部と共有しダウンロードされたファイルの一覧を確認できます。

また、追加費用なく導入できるモバイル・アプリケーション(*2)により、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器からの利用が可能で、頻繁に利用するファイルなどは更新時に自動的に同期されます。

さらに、バージョン管理や改版の通知機能、ファイルに対して覚書を付けるコメント機能や必要なファイルをフォローできる機能など、ファイル作成者に加えて、組織全体でのファイルの活用を支援する機能を提供します。

(*1) 当サービスには、クラウド・ストレージ・サービスのほか、ファイルをソーシャルに共有するためのタイムライン機能「アクティビティー・ストリーム」とユーザー・プロフィールの機能が含まれます。

(*2) iPhone、iPad、Androidに対応したモバイル・アプリケーション「IBM Connections」

製品画像: https://farm6.staticflickr.com/5699/23310555123_71746dcdfd_z.jpg

関連する resources

サイトリンク