ASEAN進出の金融・製造向け、現地にグローバル・ビジネス戦略室


TOKYO - 14 7 2014:

2014年7月14日

ASEAN進出の金融・製造向け、現地にグローバル・ビジネス戦略室
本社戦略の現地展開や、地域特有の商習慣や規制などへの対応を支援

日本IBM(社長:マーティン・イェッター)は、ASEANへの進出やビジネス拡充を進める金融業および製造業のお客様を支援するため、金融業向けにシンガポール、製造業向けにバンコクに「グローバル・ビジネス戦略室」を設置し、シンガポールは本年4月、バンコクは本年7月に開設しました。「グローバル・ビジネス戦略室」は、ASEANにおける日本IBMの拠点としての役割を担い、現地に日本人が常駐している強みを生かして地域特有の商習慣や規制などに対応しながら、企業のグローバル戦略を支援するソリューションの提供やシステムの構築を行います。

ASEANにおけるビジネスを強化する動きが加速する中、現地で個々にIT利用を進めるのではなく、企業のグローバル戦略全体を捉えたITシステムの構築や運用が必要になっています。また、各地域特有の商習慣や規制などがあり、それらを深く理解して現地ビジネスを支えるITシステムを構築することが強く求められています。

「グローバル・ビジネス戦略室」は、日本IBMの海外拠点として機能し、営業、コンサルタント、エンジニアなどが、シンガポールやバンコクに常駐し、ASEAN地域に進出している日本企業のビジネスを支援します。「グローバル・ビジネス戦略室」の強みは、日本国内のお客様本社と密接に連携してお客様のグローバル戦略を支えるとともに、現地に常駐しながら各国IBMと協業することにより、ASEAN各国に展開するさまざまなリソースを日本のお客様に活用してもらい、現地の商習慣や規制などへの適切に対応しながら、ビジネスの競争力強化を支援できることです。ASEAN各国において日系企業や現地企業をこれまで支援してきた実績を踏まえ、より一層、ASEANでのお客様のビジネスを支援していきます。

「グローバル・ビジネス戦略室」では、以下の領域を特に強化して支援していきます。
<金融向けサービス>
- 決済ハブを用いたトランザクション・バンキングの高度化
- 先進的モバイル・チャネルの活用と高度化
- M&AにおけるITシステムのガバナンス・モデルの確立と展開

<製造向けサービス>
- 販売拠点の拡大、新工場設立などに即応するためのグローバル戦略に基づいた基幹システムの構築
- コスト最適化と品質向上を図るための市場/品質/生産ビッグデータの分析
- 急拡大する販売現場で他社との差別化を進める為の、個客管理に基づくサービスの展開支援

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate