ハイブリッド・クラウドを促進するPureApplicationサービスの提供


TOKYO - 13 6 2014:

2014年6月13日

ハイブリッド・クラウドの実現を促進する
PureApplication Service on SoftLayerの提供開始
IBMのシステム構築の知見を凝縮したPureApplication System の技術を
オフプレミス環境で提供

日本IBM(社長:マーティン・イェッター)は、アプリケーション・システムを迅速に展開する「IBM® PureApplication Service on SoftLayer(ピュアアプリケーション サービス オン ソフトレイヤー)」の提供開始を発表します。当サービスは、垂直統合型システム「PureApplication System」で提供するテクノロジーをオフプレミスの「SoftLayer」上で利用可能とするものです。オンプレミス、オフプレミス、ハイブリッドと、アプリケーションの稼働環境を要件にあわせてより柔軟に選択できるようになります。本年6月13日よりIBMおよびIBMパートナー経由で提供を開始します。

2012年4月に垂直統合型システムのプライベートPaaS基盤として「PureApplication System」を発表し、ビジネス変化に対応した企業戦略を支える迅速なアプリケーション基盤やプライベート・クラウドの展開、既存アプリケーション基盤の統合などに利用されています。「PureApplication System」では専門家の知見を組み込んだパターンによってシステム構築・展開の短期化や、運用効率の向上を実現しています。その一方で、スモール・スタートでのパターン活用、ビジネスのグローバル化に伴う海外支社へのシステム展開でのパターン適用、要件にあわせたプライベートとパブリック・クラウドの併用といったニーズが高まってきました。

このようなクラウド環境におけるパターン活用と稼働環境への多様なニーズへの対応として、「IBM PureApplication System」のパターンをIBMのSoftLayer上で稼働させる「IBM PureApplication Service on SoftLayer」を提供します。

本日発表する「IBM PureApplication Service on SoftLayer」は、IBMのSoftLayerが提供するIaaS基盤において、次の機能を提供します。

「IBM PureApplication Service on SoftLayer」は、既存システムのクラウド化や、新規事業のスモール・スタートの基盤、 海外展開時に各国の規模にあわせた基盤選択、 ディザスターリカバリー用の環境構築などに適しています。

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate