クラウド基盤と企業資産を管理するSaaS型ソリューションを提供


TOKYO - 15 5 2014:

2014年5月15日

クラウド基盤と企業資産を管理するSaaS型ソリューションを提供
お客様自身が簡単に製品を体験できるポータル・サイト「IBM Service Engage」を通じて、SaaS型ソリューションの採用検討を支援

日本IBM(社長:マーティン・イェッター)は、急速に進む企業システムの仮想化およびクラウド化によって、多様化、複雑化する運用管理の負担を大幅に軽減するソリューションならびに、戦略的な企業資産管理によって資産利益率を最大限に高めるソリューションを含む、5種類のSaaS型ソリューションの提供を開始します。

企業のIT部門や情報システムのサービス企業は、クラウドの採用により、サービス提供までの時間短縮や柔軟なビジネス要件に対応できることを求められておりますが、仮想化によるITリソースやワークロードの集約、動的な変更など、管理要件の多様化、複雑化が運用管理部門に大きな負担となっています。インシデント、問題および変更管理、運用プロセスの管理や自動化など、クラウド環境においてもITサービス・マネジメントは有効です。IBM は、サービス・マネジメントのベストプラクティスを提供できる、データ・センターやクラウド運用管理に最適な実績のある3種類のソリューションをSaaS型として提供します。

また、資産管理、保全管理としてグローバル・レベルで多くの企業が採用する「IBM Maximo Asset Management(マキシモ・アセット・マネージメント)」をSaaS型として提供します。保全管理業務の重要性が認識されていますが、現場の保全担当部門として、管理システムの購入予算や管理システム維持など取り組み以前の課題に直面しております。IBM SaaS型ソリューションを採用することにより、最小規模から始められ、実績に合わせて拡張、さらにオン・プレミスへの移行など柔軟なオプションを用意しています。

IBM SaaS型ソリューションは、管理基盤の実装時間の大幅短縮、小規模から始めるスモールスタートからオン・プレミス環境にわたる柔軟な構成オプションの提供、高可用性、拡張性、プライバシーおよび高いセキュリティーを提供します。これらすべてのSaaS型ソリューションは、「IBM Softlayer」*6のデータ・センターでホストされ提供します。

これらのソリューションの採用を検討するにあたり、お客様自身で簡単に製品を体験できるポータル・サイト「IBM Service Engage」を提供します。「IBM Service Engage」では、ビデオによる製品概要の紹介、サンプルデータが組み込まれた実際の製品にアクセスできる「ライブ・デモ」、お客様自身が想定したデータを実際の製品に入力して評価できる「30日トライアル」を提供します。

「IBM Service Engage」の詳細および最新情報は、下記URLを参照ください。
http://ibmserviceengage.com/

*1) IBM SmarterCloud Control Desk (SaaS)

*2) IBM Performance Management (SaaS)

*3) IBM Workload Automation (SaaS)

*4) IBM Maximo Asset Management (SaaS)

*5) IBM Maximo Inventory Insights (SaaS)

*6) IBM Softlayer データ・センター

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate