IBM、働き方を変革する100種類のIBM MobileFirst for iOSアプリをAppleとのパートナーシップにより提供

企業向けアプリにコグニティブ機能を採用へ

TOKYO - 17 12 2015:

2015年12月17日

[米国ニューヨーク州アーモンク - 2015年12月16日(現地時間)発]

IBM(NYSE:IBM)は本日(現地時間)、Appleとのパートナーシップの一つの成果として、100を超えるIBM® MobileFirst for iOSアプリを提供したことを発表しました。これらのアプリで、14の業界と65の職種(金融アドバイザーから、客室乗務員、救急隊員、看護師、小売業界 の購買担当者まで)にわたって働き方を変革します。また両社は、消費財、自動車、高齢者、化学・石油などの新市場へのポートフォリオの拡張も進めていま す。

各アプリには、IBMのビッグデータおよびアナリティクスの能力とAppleが誇る消費者のユーザー体験が融合されています。これにより企業は、新たなレベルの効率性、有効性、顧客満足を、これまでよりも迅速かつ容易に実現できるようになります。

Air Canada、AXA 、Coca-Cola Amatil、日本郵便、Rimac、Vodafone Netherlandsをはじめとする世界中の多くの企業で、iPadおよびiPhone用に設計されたIBM MobileFirst for iOSアプリが選ばれています。

AXAの会長 兼 CEO、AXA Management Committeeメンバーのニコラス・モロー(Nicolas Moreau)氏は次のように述べています。「我々は顧客の体験を変革することが、我々の保険および金融アドバイザー・ビジネスの戦略的な差別化要因にな ると考えています。AppleのGenius Barのような素晴らしい体験と我々のアドバイザーの専門知識を組み合わせ、お客様が求める体験にとどまらず、お客様の期待を劇的に超える体験をご提供し たいと考えています」 

以下のお客様もIBM MobileFirst for iOSアプリを採用しています。

IBM MobileFirst for iOSアプリにWatsonのコグニティブ機能を採用
IBMは、今後リリースされる多くのIBM MobileFirst for iOSアプリにWatsonのコグニティブ機能を採用して、アプリが従業員や顧客のニーズを継続的に学習し、効果的にデータを構築して活用できるようにします。

IBMとAppleのパートナーシップを担当するIBMゼネラル・マネージャーであるフレッド・バルボーニ(Fred Balboni)は、次のように述べています。「当社のアプリは、すでに卓越したビジネス価値を提供していますが、さらに進化してコグニティブ機能を提供 するようになります。これにより、最も重要な情報に対する洞察が深まり、意思決定の質が高まるでしょう。Appleのシンプルなプロダクト・デザインと、 IBMのセキュリティー、アナリティクス、コグニティブに関する比類ない専門知識の融合は、モバイルによるビジネス変革の最先端を行くものです」

仕事仲間をつなぐアプリ群
業界特化のアプリが増えたことで 、医療機関、金融機関、小売業者などの業務をより効率化するIBM MobileFirst for iOSの機能が揃いつつあります。すべてのチーム間で情報を共有し、同僚が各自のモバイル・デバイスから同じデータ・セットにアクセスして共同で作業でき るようになります。

IBMは現在、iPad Pro用エンタープライズ・アプリの開発を進めています。それらのアプリでは、デバイスのより高度な能力、パフォーマンス、大画面、そして、iOS 9のマルチタスキング機能を利用して、ビジネス・ユーザーが同時に2つのアプリを並べて作業できるようになります。また、Apple Pencilに対応したアプリによって、部屋のデザインやレイアウト、トランザクションのログ、メンテナンス・ログへの注記の追加などの作業を、より正確 かつ機能的に行うことが可能になります。

当報道資料は、2015年12月16日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/48482.wss (US)

<関連リンク>

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Mobile

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)ををご覧ください。