CRMから広告領域まで統合型マーケティングの事業を強化

「IBM Marketing Cloud」の主要サービスである
「IBM Universal Behavior Exchange」の提供開始とオープン・エコシステムを発表

TOKYO - 15 12 2015:

2015年12月15日

日本IBMは、顧客一人ひとりの理解に基づき、あらゆるチャネルで統一されたブランド体験の提供を支援するため、クラウド型のマーケティング・ソリューション「IBM® Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)」とエコシステムを発表します。

現在、スマートフォンなどのデバイスやソーシャルメディアの普及、店舗、電話、ウェブサイト、広告などタッチポイントの多様化、データの増加により、マーケティング環境が複雑化しています。今後、マーケティング担当者は、蓄積された自社のデータとサード・パーティー・データを効果的に活用することで購入者の購買活動を文脈でとらえ、よりパーソナライズされた体験を最適なタイミングで提供する必要があります。

「IBM Marketing Cloud」は、メール、モバイル・プッシュ、Web、ソーシャルの顧客接点をサポートするクロスチャネル・キャンペーン管理の基本機能に加えて、 IBMの他、Twitter、Facebookなど他社が提供するサービス間のデータをクリック操作で統合するデータ・エクスチェンジ・プラットフォーム「Universal Behavior Exchange(ユニバーサル・ビヘイバー・エクスチェンジ、以下UBX)」、さらにクロスチャネルのブランド体験を設計する「IBM Journey Designer」とその施策効果を分析する「IBM Journey Analytics」から構成されています。

UBXを使用すると、マーケティング担当者はCRM、モバイル、ソーシャル、広告ソリューションなどを提供する認定パートナーと双方向のサービス連携が可能です。クリック操作だけシームレスにソリューションが実現でき、あらゆるチャネルで一貫したブランド体験が即座に提供されます。

日本IBMは 「IBM Marketing Cloud」の提供開始に合わせて、UBXのオープン・エコシステム「IBM Marketing Cloud パートナー・ネットワーク・プログラム」を開始します。先行して、株式会社オプト、株式会社カレン、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)、 株式会社フリークアウトがUBXのエコシステム・パートナーとして参画します。*五十音順

例えば、DSPサービスと連携する場合は、CRMと同一のシナリオを広告展開に活用できるようになります。パートナー各社は、IBM Marketing Cloudと自社のサービスを連携することで、それぞれのソリューションの強みを活かし、網羅的なコミュニケーション設計とその実行をマーケターに実現し、データ分析から得られるインサイト(洞察)を顧客との対話に活用し、「個客」ごとに好ましいタイミングにパーソナライズされた顧客対応を実現させるものです。

UBXエコシステムは、DSPなどの広告サービス提供者やCRM、DMP提供者、ソーシャル・アプリ事業者、アドテク事業者などに対して広く開放するオープン・プログラムです。

日本IBMは、 モバイル、ソーシャル・ネットワーク時代において、顧客を企業活動の中心に据え、マーケティング、販売、サービス、購買など商取引(コマース)のすべてに わたって、今日オフラインおよびオンラインの購買行動に大きな影響力を持つ消費者の要望に迅速かつ柔軟に対応することを目指すお客様の事業を支援していま す。


<製品情報>


関連する XML feeds
Topics XML feeds
Commerce