キリングループ国内約14,000台のPCを仮想デスクトップ環境に移行


TOKYO - 23 3 2015:

2015年3月23日

キリングループ国内約14,000台のPCを仮想デスクトップ環境に移行
セキュリティーの強化とユーザーの利便性を向上させるIT基盤を実現

日本IBMは、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)と協業にて、国内綜合飲料事業を担うキリングループの約14,000台のPCについて、仮想デスクトップ環境によるシンクライアントへの移行を進め、2014年9月にすべてのPCの刷新を完了し、運用を開始しました。これにより、セキュリティーの強化とユーザーの利便性向上の両立を実現させ、業務を効率的に進められる環境を整備すると共に、ワークスタイル変革などの今後の競争力強化へ向けた仕組みづくりを支援します。

キリングループは、長期経営構想「キリン・グループ・ビジョン2021(KV2021)」の下、2013年から2015年の中期経営計画において情報システムの強化を施策の一つと捉えて取り組んでいます。グループで利用されているPCは約14,000台あり、高度なセキュリティーを確保しながら、ユーザーの利便性の向上や運用負荷の軽減などを図ることで、さらなる業務の効率化による強固な経営基盤の構築が求められていました。

今回、キリンビジネスシステム株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長 島 健夫)がキリングループ全体のIT戦略を担当し、NTTデータが全体を統括し、日本IBMがシステムを構築しました。対象となるPCは、持株会社のキリンホールディングも含め、国内のキリングループのPC約14,000台で、販売会社などの関連会社も含めて47社、200を超える拠点で利用しています。従来のPC環境では、情報漏えいのリスクを回避するために社外での利用に制約がありましたが、アプリケーションやデータをユーザー側で保持しないシンクライアント環境に移行したことにより、セキュリティーの強化とユーザーの利便性向上の両方を実現することができました。さらに、運用面においては、セキュリティー・パッチの更新などを個々のユーザーが実行する必要がなくなることで業務の効率化を図ることができ、システム全体としては一括した運用管理が確実にできるようになりました。

キリングループでは、構築した仮想デスクトップ環境を活用したワークスタイルの変革に取り組むと共に、情報インフラのさらなる強化によるグループ全体の競争力向上につなげていく考えです。

お客様事例:キリングループ(国内)約14,000台のPCを仮想デスクトップ環境に移行
https://www14.software.ibm.com/webapp/iwm/web/signup.do?source=gts-jp&S_PKG=ov30737


関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing
Global Technology Services