Enterprise Hybrid ITを支える「SDN構築支援サービス」


TOKYO - 22 4 2015:

2015年4月22日

Enterprise Hybrid ITを支える「SDN構築支援サービス」

コンサルから構築までを一貫して支援、人員を拡充してSDNビジネスを強化

日本IBMは、ネットワークを仮想化することにより迅速かつ柔軟なシステム構築や運用の効率化を実現するSDN(Software Defined Networking)の構築を支援するため、「SDN構築支援サービス」を本日より提供します。「SDN構築支援サービス」は、既存のネットワーク関連コンサルティング・サービスと組み合わせることにより、SDNのシステム構築に向けた戦略策定から、設計/導入までの一貫した支援ができるようになります。また、SDN関連のビジネスを強化するため、人員の拡充を図ります。

モバイルやソーシャルなど迅速かつ柔軟で顧客接点を重視したシステムへの対応と共に、従来型の基幹システムをより堅牢に安全に運用していくことや、その両者から生み出される多種多様なデータを分析、活用し、さらに洗練された企業システムに変革していくことが、これからのITに求められる要件です。これをIBMではEnterprise Hybrid IT(エンタープライズ・ハイブリッドIT)と定義し、企業経営を支えるためのITソリューションを提案しています。Enterprise Hybrid ITにおいては、IT基盤のバックボーンとなるネットワークをより柔軟かつ動的に構築、変更できるSDNへの期待は高く、最適なネットワーク環境の構築に向けたコンサルティング、設計、導入支援が求められています。

「SDN構築支援サービス」によってネットワークを仮想化することにより、物理ネットワークの構築や運用をする場合と比較して、迅速かつ柔軟なネットワーク構築が可能となり、機器の設定や運用が容易になるため効率化を図ることができます。また、「SDN構築支援サービス」と既存のネットワーク関連コンサルティング・サービスを組み合わせることにより、SDN導入に向けた戦略策定から、設計/導入までの一貫した支援を行うことができます。さらに、IBM® Cloud Manager with OpenStackといったクラウド基盤ソフトウェアとの連動により、サーバー、ストレージ、ネットワークなどのインフラストラクチャーを最適化し、変化するビジネス要件への素早い対応を可能とするSDE (*1) (Software Defined Environment) を実現することも可能です。そして、企業のプライベート・クラウドとIBMのSoftLayerなどパブリック・クラウドのネットワークをSDNの仮想オーバーレイ(*2)・ネットワークで結合することにより、プライベート・クラウドとパブリック・クラウド間でのIT資源の最適配置が可能になり、Enterprise Hybrid ITを実現することができます。なお、「SDN構築支援サービス」の価格は個別見積もりです。

また、IBMは、SDNのデモや、テストを実施するための施設として、「IBM Network Innovation Center(IBMネットワーク・イノベーション・センター)」をニース(フランス)とダラス(米国)に開設しました。お客様はネットワーク経由でこれらのセンターに接続し、現在のIT環境にSDNソリューションを統合する方法を体験することができます。また、SDN導入の検討などのために、IBMと提携しているSDNソリューションパートナーの新しいネットワーク技術をテストすることができます。

(*1)IBMが提唱しているコンピューティング・モデル。変化し続けるアプリケーション処理の特性に応じて瞬時にかつ自動で最適なシステム資源を配置することで、ビジネスニーズに即応し、継続的なビジネス変革の実現を目指す

(*2)ネットワーク・アドレス重複などの課題を解決するために、実ネットワーク上に複数の仮想ネットワークを収容する方式

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing
Global Technology Services