IBM セキュリティー、App Exchangeを開設し、 サイバー犯罪に対する業界のコラボレーションを強化

パートナーはオープン・アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を利用して 新しいQRadar Security Analyticsアプリケーションを提供

TOKYO - 10 12 2015:

2015年12月10日

[米国ニューヨーク州アーモンク - 2015年12月8日(現地時間)発]

IBM(NYSE:IBM)は本日(現地時間)、セキュリティー・アナリティクス・プラットフォーム「IBM® Security QRadar」 が新たに、同プラットフォームの高度なセキュリティー・インテリジェンス機能を利用したカスタム・アプリケーションを、お客様、ビジネス・パートナー、開 発者が構築できるようになったことを発表いたしました。また、セキュリティー・コミュニティーがIBMのセキュリティー・テクノロジーに基づいてアプリ ケーションを作成および共有できるマーケットプレイスとして、「IBM Security App Exchange(英語)」を開設します。

今回のセキュリティー・アナリティクス・プラットフォームの公開は、高度に組織化されたサイバー犯罪に対抗するため、業界のコラボレーションとイノベーションを促進することを目的としてIBMが今年行った大きな取り組みの第2弾です。IBMは、今年すでにIBM X-Force Exchangeを 通してセキュリティー脅威データの700 TBのデータベースを公開済みです。4月の発表以来、2,000を超える組織がこの脅威共有プラットフォームを利用しています。IBMは、セキュリ ティー・アナリティクス・プラットフォームとその脅威インテリジェンスのデータベースを併せて公開することにより、業界におけるコラボレーションを深め、 組織がデータと専門知識を共有し、サイバー犯罪に先手を打ちたいと考えています。

IBMと、Bit9 + Carbon BlackBrightPoint SecurityExabeamResilient Systemsを はじめとするパートナー各社は、ユーザーの行動、エンドポイント・データ、インシデントの視覚化などの領域でIBM Security QRadarのセキュリティー・アナリティクスを拡張する多くのカスタム・アプリケーションをIBM Security App Exchangeに提供してきました。これらの新しいアプリケーションでは、IBMのセキュリティー・インテリジェンス・プラットフォームである QRadar用の最新のオープン・アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を利用しています。このプラットフォームは、データ・ア ナリティクスと脅威インテリジェンスに基づいて、Fortune 100のほぼ半数を含む、世界中の何千というセキュリティー・オペレーション・センターのセキュリティー・インシデントを検出します。

IBMセキュリティーの戦略および製品管理担当バイス・プレジデントであるマーク・ヴァン・ザデルホフ(Marc van Zadelhoff)は、次のように述べています。「現在、何千という非常に多くのお客様がIBMのセキュリティー・テクノロジーに基づいて標準化を進め ています。そのなかで、パートナーとのより緊密なコラボレーションと開発を促進するこのプラットフォームを公開することで、サイバー犯罪への対抗における エコノミクスを変えることができます。セキュリティー業界全体で専門知識を共有することで、巧妙化が著しい攻撃の先手を打つためにイノベーションを加速す ることができるでしょう。」

新しいアプリケーションがさまざまなアナリティクスの利用を加速

テクノロジーが急速に変化する環境においてイノベーションを加速するには、オープンな開発とコラボレーションが極めて重要になります。経営者の77%以上が、「協調的な開発が、製品開発サイクルや製品化までの時間の短縮といった組織の利益につながった」と答えています。

IBM App Exchangeには多くの組織が参加しており、すでにIBMの開発者およびBit9+Carbon Black、BrightPoint Security、Exabeam、Resilient Systemsといったパートナーにより、14の新しいQRadarアプリケーションが共有されています。ほかにも、STEALTHbitsや iSIGHT Partnersなどのパートナーがアプリケーションを開発中です。

これらの新しいアプリケーションは、サード ・パーティーのテクノロジーとの統合により、より多彩なデータへの高い可視性をお客様に提供するだけでなく、セキュリティーの専門家が緊急性の非常に高い 脅威に集中できるようにするための新しい自動検索機能やレポート作成機能を提供できるように設計されています。現在、これらのアプリケーションは、IBM Security App Exchangeから無料で提供されているため、お客様は、IBM QRadarのセキュリティー・インテリジェンス環境内で緊密に統合されたさまざまなアナリティクスをご利用いただけます。

新しいアプリケーションには、次のようなものがあります。

1. 「Linux Foundation Collaborative Trends Report 2014

これらのアプリケーションは、新しいQRadarアプリケーション・フレームワークによって実現されています。そのため、セキュリティー・コミュニ ティーでは、オープンAPIやソフトウェア開発キットを使用して新しいQRadarアプリケーションを迅速に構築できます。IBMセキュリティーは、こう したコミュニティーの貢献における整合性を確保するために、App Exchangeに公開する前にすべてのアプリケーションの厳しいテストを行います。

IBM Security QRadarが検索を高速化し、自動的に脅威に対応

IBMは、組織のITインフラストラクチャー全体のデータを分析して、潜在的なセキュリティー上の脅威を識別する、IBM Security QRadarの新たなリリースについても発表します。IBMは、2014年のソフトウェアの収益ベースでセキュリティー情報およびイベント管理(SIEM)の市場リーダーであり 、SIEMに関するガートナーのマジック・クアドラントでは7年連続でリーダーに選定されています。

QRadarでは初めて、特定の脅威が検出されると自動的にアクションを行うルールをお客様が作成できるようになります。例えば、QRadar内で 作成したルールによって、リスク・プロファイルに基づいてIPアドレスのブロックとユーザー・アクセスの制御を行うアクションが自動的にトリガーされるよ うにすることができます。また、新しいQRadarアプリケーション・フレームワークを使用して開発されたアプリケーションで、脅威に自動的に対応するカ スタム・ルールを利用することもできます。

IBMでは、お客様のユーザー・デバイスにおける脅威と修正プログラムの優先順位付けを効率よく行っていただけるよう、QRadarとIBM BigFixのエンドポイント・セキュリティー管理機能のさらなる統合も進めています。また、QRadarでは、BigFixがインストールされていな い、無防備なエンドポイントを識別できるようになりました。これにより、お客様は、未承認の資産や管理されていない資産をより素早く見つけることができま す。

IBMセキュリティーについて
IBMのセキュリティー・ポートフォリオは、ひと、データ、アプリケーション、インフラの保護を支援するセキュリティー・インテリジェンスを提供していま す。IBMは、IDおよびアクセス管理、セキュリティー情報およびイベント管理(SIEM)、データベース・セキュリティー、アプリケーション開発、リス ク管理、エンドポイント管理、次世代型不正侵入防御など、さまざまなソリューションを提供しています。また、セキュリティーの研究・開発、デリバリーを行 う世界最大級の組織を運営しています。
詳しくは、IBMセキュリティーページ http://www.ibm.com/security (US)、Twitter(@IBMSecurity)、またはIBMセキュリティー・インテリジェンスのブログhttp://securityintelligence.com/ (US)をご覧下さい。

2. ガートナー、「Market Share: Security Software, Worldwide, 2014」、2015年4月1日
3. ガートナー、「Magic Quadrant for Security Information and Event Management」、ケリー・カバナー(Kelly M. Kavanagh)氏、オリバー・ロッチフォード(Oliver Rochford)氏共著、2015年7月20日

免責事項:IBMの計画、方向性、および指針に関する記述は、予告なく変更または撤回される場合があります。発 表予定の製品に関する情報は、IBMの大まかな製品の方向性を示すためのものです。この情報を基にして、購入を決定されないようにご注意願います。発表予 定の製品に関する情報は、任意の資料、コード、機能を提供することを約束するコミットメント、誓約、法律上の義務を意味するものではありません。発表予定 の製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込むことはできません。IBM製品について記載されている将来の機能の開発、リリース、時期については、 IBMが決定する権利を留保します。

ガートナーの免責事項:ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありませ ん。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リ サーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサー チの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

当報道資料は、2015年12月8日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/48225.wss (US)

 

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Security

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)ををご覧ください。