デジタル・マーケティングを支援するパートナー向け再販プログラムを提供開始


TOKYO - 12 2 2015:

2015年2月12日

デジタル・マーケティングを支援する
パートナー向け再販プログラムを提供開始

パートナーとIBMのノウハウを融合し、新ソリューションを迅速に展開、
顧客と見込み客のロイヤルティー向上を支援

日本IBMは、企業のデジタル・マーケティングを支援するビジネス・パートナー向けに、IBM® SaaSソリューション・プロバイダー契約プログラムの新たなラインアップとして、IBM Silverpopソリューション・プロバイダー契約プログラムを本日より提供開始します。本契約プログラムは、ビジネス・パートナーのノウハウと、IBMがクラウドで提供するマーケティング・オートメーション・ソリューション「IBM Silverpop(シルバーポップ)」を組み合わせて、企業に対するマーケティング支援を推進するプログラムです。

モバイル端末やソーシャルメディアの利用が普及し、お客様との接点として企業によるこれらの積極的な活用が進む現在、お客様と企業の関わり方は以前にも増して多様化しています。企業は個々のお客様が好む情報を最適な時期に提供するなど、個人に適したマーケティングを実践するため、生産性の高いリード育成管理とマーケティング業務の自動化が求められています。

IBMは、このような企業のマーケティング業務に対して、B2BからB2Cを対象に包括的なソリューションを提供するIBM Commerceソフトウェア製品群の拡充を続けています。本製品群では、顧客体験(エンゲージメント)の向上を支援する基盤である「IBM ExperienceOne(エクスペリエンスワン)」を中核に、従来のオンプレミスのマーケティング・ソリューションに加え、クラウド環境において柔軟に活用できるマーケティング・ソリューション群として、IBM Silverpopを提供することで、企業が実践する幅広いマーケティングを支援します。

今回、日本IBMは、高い柔軟性、迅速な展開、効率の良い運用などのクラウドの特長を保ちながら、IBM Silverpopの迅速な提供を支援するため、Silverpopを扱うビジネス・パートナー向けにIBM SaaSソリューション・プロバイダー契約プログラムを開発しました。

本プログラムでは、ビジネス・パートナーが一次代理店として、IBM Silverpop製品のライセンス、サポートおよびコンサルティングを再販することが可能になります。これにより、ビジネス・パートナーは、IBM製品を基盤として開発したソリューションの提案からデジタル・マーケティングに関するコンサルティング・サービス、そして運用までを担い、IBM Silverpopの迅速な提供が可能になります。

IBM Silverpopソリューション・プロバイダー契約プログラムの提供開始にあたり、株式会社電通ワンダーマン、株式会社ディレクタス、株式会社JSOL、株式会社ラック、日本情報通信株式会社、シンフォニーマーケティング株式会社、株式会社ウェブスマイルが先行して参画し、SaaSソリューションと各社によるプロフェッショナル・サービスの提供を始めます。

「IBM Silverpop」の詳細、および最新の情報は、以下を参照ください。
http://www.ibm.com/software/products/ja/silverpop-engage

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Business partners
Commerce