日本IBMとソフトバンクテレコム、IBM Watsonを日本で共同展開


TOKYO - 10 2 2015:

2015年2月10日
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトバンクテレコム株式会社

日本IBMとソフトバンクテレコム、IBM Watsonを日本で共同展開


IBM(NYSE: IBM)の日本法人、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)とソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、日本でのIBM® Watson(以下「Watson」)の開発と市場への導入において戦略的に提携することで合意しました。本提携では、Watsonが日本語を理解できるようにトレーニングが行われます。これによって、IBMが推進するコグニティブ・コンピューティングの導入を加速し、ソフトバンクテレコムは日本の社会とビジネスの変革を推進します。

本提携の目標は、IBMとソフトバンクテレコムがWatsonを革新的な方法で活用するビジネスパートナーや起業家、アプリケーション開発者、投資家といった幅広いエコシステムを構築することによって、Watsonで強化された新たなアプリケーションやサービスを日本市場に導入することです。

本提携は、日本のビジネスとテクノロジー市場におけるソフトバンクテレコムのリーダーシップに、IBMが持つ比類のないWatsonのコグニティブ・コンピューティング技術、研究能力やサービスを組み合わせることで、産業界や専門職に変革をもたらすものです。

IBM Watsonグループのシニア・バイスプレジデントのマイク・ローディンは、次のように述べています。「ソフトバンクテレコムとの提携によって、日本企業は新しいWatsonの能力を使うことができるようになります。私たちは共に、ビジネスパートナー、起業家、開発者、その他企業を含めて充実したエコシステムを構築し、Watsonを搭載したまったく新しい数々のアプリケーションを設計し、Watsonを日本全国のお客様へより早くお届けいたします。」

ソフトバンクテレコムの代表取締役副社長 兼 COOの宮内 謙は、次のように述べています。「日本IBMとの戦略的提携により、ソフトバンクテレコムが日本語対応のWatsonの開発と日本市場への導入を共同で推進できることをうれしく思います。自然言語を理解し、膨大なデータの中から最適な解を導くWatsonのテクノロジーは、ソフトバンクグループの経営理念である『情報革命で人々を幸せに』との親和性が高く、エンタープライズからコンシューマーまで様々な分野で利活用され、人々に新しい価値をもたらすものと確信しています。」

日本IBMの代表取締役社長のポール与那嶺は、次のように述べています。「日本語への対応は、IBMの研究員にとって大きな挑戦です。今回、Watsonは西洋のアルファベット以外の文字を持つ言語に初めて対応します。そこでWatsonは日本語特有の多くの課題を克服していくことになるでしょう。IBM Watsonは、学術、行政サービス、そして多種多様な産業に革新をもたらす画期的なソリューションであり、お客様の迅速な経営判断や高度な意思決定を可能にします。IBMはITへの壮大なビジョンに常に挑戦し続けるソフトバンクテレコム社と共同で、あらゆる業界や領域にこのWatsonの自然言語を解釈する能力を適用し、日本のイノベーションを牽引する新たなコンピューティングの時代を切り開いてまいります。」

Watsonは初めてコグニティブ・コンピューティング能力を商用化したものです。クラウドを基盤に提供されるこのシステムは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げかけられた複雑な質問を解釈し、根拠に基づいた回答を提案します。Watsonは、認識、学習、そして経験によって人が世界を理解するような方法を手がかりにした、学習するシステムによる新たなコンピューティングの時代の象徴なのです。

本提携の一部として、IBMとソフトバンクテレコムは新しいコグニティブ・コンピューティング能力を継続的にクラウドで提供する計画です。両社は、日本でお客様に商品やサービスについてより関連の深い情報の提供、多様で大規模なデータの流入の分析によって意思決定の包括的な改善などを重視している、教育、銀行、保険、小売や医療などの産業界に注力します。

この両社のパートナーシップは、ソフトバンクとIBM東京基礎研究所の間での継続的なコグニティブ・コンピューティング技術における技術協業の上に成り立っています。Watsonが日本語をさらに理解できるように研鑽していく姿勢は、IBMの20年に及ぶ日本語や欧州以外の自然言語処理の研究が礎となっています。日本語は極めて複雑にできています。それは、何千もある漢字、ひらがな、カタカナとその組み合わせを解釈し、また、話し手の関係、年齢や性別などの文脈によって異なる言葉の使い方を学ばなければならないからです。

このような新たな機会を活用し、IBMとソフトバンクテレコムはWatsonのソリューションを日本で提供するために次の戦略領域に注力します。

Watsonへの日本語による教育とトレーニング
Watsonの日本語対応のために教育とトレーニングを協力して行います。

日本で利用可能なAPIの開発と開発環境
ビジネスパートナーや開発者が新しいWatsonのアプリケーションを設計し、開発するために、日本で利用可能なAPIと開発環境の提供を行います。これはIBM Watson Developer Cloudを通じて提供される新たなリソースやサービスを含みます。

IBM Watsonエコシステムの構築と拡大
両社は国内でコグニティブ・コンピューティングの導入を検討するビジネスパートナーや開発者、起業家、投資家、研究者と、エコシステムの構築と拡大を行います。

世界中でコグニティブ・コンピューティングの需要が増す中、IBMとソフトバンクテレコムの提携によって、IBMは変革を醸成するWatsonを世界中に届けるという戦略を、ソフトバンクテレコムは高度なビジネスモデルを通じたIT産業の進化を実現していきます。

ソフトバンクテレコムは日本において、Watsonのソリューションを提供する推奨テクノロジーパートナーになります。この技術は、パソコンやタブレット、携帯端末、ロボットなど、様々な形を通じて利用が可能になり、より多くのユーザーへの普及を促進します。なお、Watsonは国内にあるソフトバンクテレコムのデータセンターで運用されます。


Watson、コンピューティングの新しい時代を開拓

Watsonは、コンピューティングの新しい時代を牽引します。アプリケーションとシステムが人間とより自然に交流し、ビッグ・データから得られる洞察によって人間の知識を拡張し、学習しながら人間への支援を改善します。

産業と業種を変革するという使命が支えるイノベーションにより、Watsonは、新時代のコンピューティングの最前線において独自の立場に置かれています。それは、他に例をみないコグニティブ・システムによる意思決定の変革を実証していることから明らかです。IBMは、広範な分野のクラウドベースの製品とサービスを様々な業界のお客様へ提供しています。

2014年1月、IBMは、IBM Watson Groupを発足しました。これは、クラウドから提供されるコグニティブ・アドバイザーの開発と商品化を専門とする新しい統合ビジネス・ユニットです。この動きは、IBMの戦略の変更を具現しています。それは、思考し、学習しながら改善し、ビッグ・データから得られる洞察を見出す、新しいクラスのソフトウェア、サービス、アプリケーションを提供するということです。

IBMは、Watson Groupに10億ドルを投資し、クラウドから提供されるコグニティブ・アプリケーションとサービスを開発し、研究し、マーケットへ提供することに重点を置いています。これには、Watsonを搭載したコグニティブ・アプリケーションを構築する新興企業や企業によるIBMのエコシステムを支援する、1億ドルのベンチャー投資が含まれています。


ソフトバンクテレコム株式会社について
1984年に創業したソフトバンクテレコムは、ソフトバンク株式会社(TYO: 9984)の100%子会社で、固定電話サービスやデータ伝送・専用線サービス、ICTソリューションサービスなどを提供しています。ソフトバンクテレコムの詳細情報:http://www.softbank.jp/corp/group/sbtm/


WatsonはIBM基礎研究所で開発され、2011年テレビのクイズ番組「Jeopardy!」でデビューを飾りました。70周年を迎えたIBM基礎研究所は継続して情報技術の未来を明らかにしてまいります。6大陸、10カ国にある12カ所の研究所には3,000名の研究員が所属しています。IBM研究所の科学者は他のどの企業よりも多い、6名のノーベル賞受賞者、10の「U.S. National Medals of Technology」、5つの「U.S. National Medals of Science」、6つの「Turing Awards」、19の「National Academy of Sciences」メンバー、14名の「U.S. National Inventors 殿堂入り」を果たしています。Watsonに関する詳細情報: www.ibmwatson.com

ソーシャルメディアでの会話に参加する場合はハッシュタグ#ibmwatson をご利用ください。
IBM WatsonのFacebookをフォローしてYouTubeやFlickrをご覧ください。

IBM Watson関連の報道資料: http://www.ibm.com/press/us/en/presskit/27297.wss (US)

関連する XML feeds
Topics XML feeds
IBM Watson