ミッション・クリティカルなデジタル・ビジネスを高速化する

フラッシュ・ハイブリッド・ストレージIBM DS8880シリーズを発表

Select a topic or year


TOKYO - 22 10 2015:
2015年10月22日

日本IBMは本日、より優れたデータ保護や高い可用性と同時に、データに基づくリアルタイムな洞察を提供するためにフラッシュで高速化されたミッション・クリティカル業務向けのハイブリッド・ストレージ、「IBM® DS8880」を発表します。デジタル・ビジネスの推進に向けて、ミッション・クリティカルなシステム要件を満たす高速なストレージへのニーズが高まっています。新しいDS8880ファミリーは、99.9999%という可用性に加え、ハイパフォーマンス・フラッシュ・エンクロージャー・モジュールを組み込んでいます。これにより、銀行や金融業界、小売業界のシステムや、電子カルテ、ERPやCRMなどのミッション・クリティカル・アプリケーションを前世代に比べて最大で2倍近く高速化します。*1

継続稼働時間とデータ損失リスクは、銀行、金融、医療機関のようなデータを重視する企業にとって最重要課題です。2020年までにデジタル企業の15%はダウンタイム対策が不十分なために事業が立ち行かなくなると見られています。*2 またセキュリティーは、お客様の信頼確保と事業運営のいずれにも不可欠です。1件のデータ漏洩に要する費用は2013年以降、23%も急増し、380万ドルに達しています。 *3

DS8880ファミリーは、ストレージ需要の増大にともない複雑になりがちな管理を大幅に改善することで、お客様の運用上の課題を解決します。最新のアーキテクチャーでは、冗長化されたすべての構成部品のオンライン・アップグレードが可能であるため、システム停止のリスクが軽減されます。これによりダウンタイムは年間30秒程度に最小化されています。大規模な災害発生時には、データ保護のみならず、事業継続性も重要となります。DS8880ではリモート・ミラーリングが可能で、可用性に優れたサーバー機能と統合して最高レベルの可用性を実現できます。マルチサイト化された災害復旧ソリューションが導入されている場合、ダウンタイムはさらに短縮できます。 *4

DS8880ファミリーはIBM z SystemsをはじめとするIBMのコンピューター・プラットフォームとの強力な統合を実現し、アナリティクス、ビッグデータ、クラウド環境への絶えず変化する要求にシステムを対応させることによって、ビジネス・プロセスとサービスを向上します。また、DS8880のグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)には、カスタマイズ可能なビューやインタラクティブ・メニュー、管理者が30分未満でソリューション全体を構成できるようにする構成ウィザードなど、直感的に操作できるナビゲーションや効率的な構成プロセスが用意され、スタッフの生産性向上や運用管理の合理化を実現しています。*5 さらに、19インチの新型ラックによる設置面積の30%削減*6 など、スペースとコストを含めたリソースの稼働率を最大化します。

新しいDS8880ストレージのラインアップは以下の通りです。

今回発表した製品の提供において、IBMグローバル・ファイナンシングが柔軟な支払いプランの提供、TCOの低減、容易なコスト管理を実現するソリューションを提供します。デジタル・ビジネスに求められるストレージ需要の増大とIT予算のギャップを埋め、最先端のITテクノロジー導入による優れた信頼性や可用性を備えたミッション・クリティカル業務向けのIT基盤構築を支援します。お客様は、IBMの最新テクノロジーへの移行や導入時、金利0%リース・プログラムや、予算上のニーズに合致した支払猶予期間の適用、IBM Storage下取りプログラムなど、幅広い選択肢の活用が可能です。*7

*1 IBM内部で実施した結果:DS8886システムの最大構成(24コア、1536 HDD、ハイパフォーマンス・フラッシュ・エンクロージャー・モジュールに240フラッシュ・デバイス)は、DS8870システムの最大構成(16コア、1536 HDD、ハイパフォーマンス・フラッシュ・エンクロージャー・モジュールに240フラッシュ・デバイス)と比較して、シーケンシャル・リードおよびライトの情報量が2倍に改善されました。
*2 「Predicts 2015: Business Continuity Management and IT Disaster Recovery Management」、2015年、ガートナー
*3 「2015 Cost of Data Breach Study: Global Analysis」ベンチマーク調査より。この調査は、2015年5月、IBMがスポンサーとなり、Ponemon Institute LLC独自に実施されました。
*4 DS8000はHyperSwapを備えているため、プライマリー・メトロ・ミラーとセカンダリー・メトロ・ミラーとの間でホット・スワップが可能であり、クライアントのオペレーションと同時に管理できます。オペレーションは、災害や計画停電の場合でも「Six-nines」の可用性で継続が可能です。これは、オプション機能を使用した内部テストに基づいています。「Six-nines」は、装置部分が平均99.9999%の可用性(1年あたり31.5秒のダウンタイム)で機能していることを示す用語です。
*5 IBMによる評価:管理者は、16アレイまでのソリューション全体を30分未満で構成できます。この評価は、内部テストに基づいています。
*6 IBMによる評価:このストレージ・システムは、新しいストレージ・ラックの19インチ・ラックにマウントされます。旧ラックの大きさは33インチで、およそ30%小型化されます。すべてのラックを除去すると、お客様は、1年あたり、運用コストの1,000ドルを節約できます。
*7 リース/下取りプログラムの適用には、お客様の信用審査およびプログラム適用に関する事前承認が必要となります。条件によっては取り組めない場合もございますのでご了承ください。