IBMと三菱東京UFJ銀行、「IBM Watson」の新たな活用機会を探求


TOKYO - 02 2 2015:

2015年2月2日

参考資料

IBMと三菱東京UFJ銀行、「IBM Watson」の新たな活用機会を探求
コグニティブ・コンピューティングの業務支援の可能性の検討に合意
三菱東京UFJ銀行の金融・顧客サービス業務を変革

IBMコーポレーション(以下IBM)と株式会社三菱東京UFJ銀行(以下三菱東京UFJ銀行)は「IBM® Watson」を活用した銀行・金融サービス業務の変革を検討することについて、新たに合意したことを発表します。

日本最大級の銀行・金融サービス企業である三菱東京UFJ銀行は、音声認識、画像分析、自然言語処理など銀行業務を変革する新しいコグニティブ・コンピューティング技術の可能性を探求する先進研究プロジェクトに投資をしています。本合意の一環として、IBMと三菱東京UFJ銀行は共同で「IBM Watson」の能力を評価し、コールセンター、支店、ウェブサイト・バンキング・サービス、お客様向けコンサルティング・サービスなど、オムニ・チャネルにおけるお客様とのエンゲージメントの向上を目指します。

本合意により、三菱東京UFJ銀行は、「IBM Watson」を応用する複数の利用シナリオを検討し、新しい銀行サービスのより迅速な提供、お客様対応業務の変革、コールセンター業務のさらなる効率化の推進、コンプライアンスおよびリスク管理の強化、総合的なビジネスの意思決定を改善することなど、銀行業界やその業務がかかえる課題に取り組みます。本合意は、ソフトウェアとサービスを新たなクラウド基盤で展開するIBMと三菱東京UFJ銀行の昨今の取り組みとともに、両社の長期にわたる関係の上に築かれています。

「IBM Watson」について
新たなコンピューティング時代を示す「IBM Watson」は、第三者のアプリケーションやシステムと人がより自然に交流し、大量のデータを分析し、自然言語による複雑な質問を理解し、根拠に基づく回答を提案し、意思決定を支援します。IBMは、Watson Groupに10億ドルを投資し、コグニティブ・アプリケーションとサービスの研究、開発、クラウドによる市場への提供に注力しています。

「IBM Watson」に関する情報はこちらをご参照ください
http://www.ibmwatson.com


関連する XML feeds
Topics XML feeds
IBM Watson