アプリの迅速な開発・導入や ハイブリッド・クラウドへの移行を支援する基盤を拡充


TOKYO - 16 6 2015:

2015年6月16日

IBM WebSphere Application Server軽量ランタイム製品がJava EE 7対応、
フルプロファイル機能をSoftLayer上で提供

日本IBMは、企業におけるWebアプリケーションの迅速な開発・導入やハイブリッド・クラウド環境への移行を支援するため、「IBM® WebSphere Application Server」のアプリケーション基盤を拡充することを発表します。

企業におけるパブリック・クラウドの活用が進み、アプリケーションの用途や要件に応じてオンプレミス環境とオフプレミス環境を使い分けるハイブリッド・クラウドへの期待が高まっています。また、モバイルやSNSをビジネスとして活用する企業が増加し、ビジネスが要求するスピードに対応可能なアジャイルなアプリケーション開発の必要性が高まっています。このようなニーズに対応するため、Webアプリケーションの実行環境を構築するソフトウェア製品「IBM WebSphere Application Server(ウェブスフィア・アプリケーション・サーバー)」の2種類の製品の提供を開始します。

「IBM WebSphere Application Server」の軽量ランタイム「Liberty Profile(リバティー・プロファイル)」のDevOps機能を強化し、最新の業界標準仕様であるJava Platform, Enterprise Edition 7 (以下:Java EE 7)やオープンなコンテナー技術のDockerに対応します。また、IBMのクラウド・サービス「SoftLayer」上で事前構成された「IBM Application Server on Cloud」の提供を開始し、従来、WebSphere Application Serverで稼働していたWebアプリケーションを容易にクラウド環境に移行することを可能にします。

「Liberty Profile」の特長
本製品は、最新のエンタープライズJavaの業界標準仕様であるJava EE 7に対応し、Webアプリケーションの開発生産性を向上します。Java EE 7では、HTML5対応を強力にサポートする機能の追加、開発生産性向上、企業向けアプリケーションへの対応が強化されています。Java EE 7 に対応した最新のLiberty Profileは、6月27日から提供を開始します。WebSphere Application Serverのライセンス利用料金は3,801円から(税別、Liberty Coreエディションの1プロセッサー・バリュー・ユニット*1あたり)で、日本IBMならびにIBMパートナー経由で提供します。

「Liberty Profile」のHTML5対応機能は、クライアントとサーバー間の双方向プッシュ技術であるWebSockets、インターフェイスの設計モデルであるRESTfulなWebサービスにより相互に連携する機能、標準WebアプリケーションフレームワークであるJSFの最新版などが追加されています。

開発生産性向上では、依存性注入を実現するCDIや、Javaのオブジェクトとデータベース連携を行うJPAも大きく改善され、開発生産性の向上をもたらします。さらに、新しくJava Batchの機能が追加され、多くの企業で使用されているバッチ処理のアプリケーションを標準のAPIを使用して作成することができるようになります。

「Liberty Profile」では、従来から対応するMavenやJenkinsなどのDevOps支援ツールとの連携に加えて、オープンなコンテナー技術であるDockerに対応し、Docker コンテナーにLibertyプロファイル・サーバーを容易に組み込むことが可能になります。無償の開発ツールであるWebSphere Application Server Developer Tools および管理コンソールであるAdministration Center (Admin Center)を同時に機能拡張し、開発と構成管理の生産性向上を支援します。

「IBM Application Server on Cloud」の特長
本サービスは、WebSphere Application Serverのフルプロファイル機能をSoftLayer上の専用インスタンスで提供します。サーバー、OS、WebSphere Application Serverの設定が事前に構成されているため、アプリケーション基盤の構築時間を短縮し、迅速なアプリケーションのデプロイができます。また、フルプロファイルが提供していたワークロードのプロビジョニング機能やHA機能を利用することができます。

本サービスは、使用量に応じた月額料金で提供することで、短期間だけ使用したいアプリケーションの実行環境に最適です。従来、オンプレミス環境で稼働していたアプリケーションを容易にクラウド環境に移行することができるため、WebSphere Application Serverはハイブリッド・クラウド環境を必要とする企業に最適のプラットフォームです。IBM Application Server on Cloudの利用料金は、月額1,175,000円から(税別、SoftLayer上の4コア、32GB RAM、1TBディスクの占有インスタンス環境)で、日本IBMならびにIBMパートナー経由で提供します。

IBMは、企業の迅速なビジネス変革に貢献するソリューションを、グローバルでの豊富な経験やパートナーシップを活用し、これからも拡充していきます。

IBM WebSphere Application Serverのエディション別の詳細、および最新の情報は、
以下を参照ください。
http://www.ibm.com/software/products/ja/appserv-was

注:
*1:プロセッサー・バリュー・ユニット(PVU)とは、IBMのソフトウェア・ライセンス体系のひとつで、ソフトウェアが稼働するプロセッサーの種類により価格体系が定められています。詳細は以下を参照ください。

IBMのソフトウェア・ライセンスについて
http://www.ibm.com/software/jp/passportadvantage/licensing.html

関連する resources

サイトリンク
関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing