異種混在の企業ITの運用管理を一元化、迅速・最適コストのサービス

自動化ツールや効率化されたプロセスの活用で、24時間のリモート監視や管理を支援

TOKYO - 24 11 2015:

2015年11月24日

日本IBMは、ハイブリッド・クラウドの普及によってますます複雑化していく企業ITの監視と管理を支援する「IBM Integrated Managed Infrastructure (以下、IMI)」を発表し、本年年末よりサービスを提供します。価格は個別見積もりで、100台のWindowsサーバーをベース管理(含む、監視)で 5年間契約した場合、1台あたり月額16,000円から(税別)になります。

継続的な成長を支援する企業ITには、基幹業務を支える従来のITに加えて、顧客接点の強化や高度な分析などを行う新たなITを追加し、それらを連 携させながら新しい価値を生み出すことが求められています。迅速かつ柔軟なIT利用を実現するクラウドの台頭で、従来システムと連携させたハイブリッド・ クラウドの普及が見込まれる中、異種混在環境となる企業ITの運用管理が重要課題となっています。

IMIは、ハイブリッドな企業ITをリモートから24時間の監視・管理を行い、稼働状況の監視や連絡、障害回復の支援やパッチの適用、レポート作成 といった業務を行うサービスです。IBMのアウトソーシングやマネージドサービスなど、グローバル規模での長年の豊富な実績や知見をもとにデザインされ た、効率化されたプロセスや自動化ツールを活用することにより、迅速なサービス提供やコスト最適化を支援します。また、必要なサービス機能やその対象を柔 軟に選択できるため、ニーズに合わせてサービスを選定することができます。さらに、サービス開始までの期間を標準で3カ月とし、監視や管理のシステムを新 たに構築する場合と比較して短期に監視や管理を開始できます。

IMIの対象環境は、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器、IBMのクラウド「SoftLayer」、他社クラウド環境などとなります。例え ば、グローバル企業が海外拠点のITをクラウド・サービスで展開している場合でも、国内にある従来システムと合わせて、一元化された監視や管理を支援しま す。これにより、運用の効率化だけではなく、グローバルレベルでサービス品質の統一と標準化が可能となります。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)ををご覧ください。