APIクイック・スタート・プログラムでAPIを活用したシステム連携を促進

3ステップで企業のAPI活用戦略策定からAPI開発までを支援するとともに、開発者向けソフトウェアの無償提供を開始

TOKYO - 12 11 2015:

2015年11月12日

日本IBMは本日、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用した新たなサービスやアプリケーションの創出を目指す企業向けに、実際のAPI作成までを3ステップで支援する「APIクイック・スタート・プログラム」を本日より提供開始します。また、APIの活用に役立つAPI管理ソフトウェア「IBM API Management」と 高いセキュリティーでAPIを保護するゲートウェイ製品「IBM DataPower Gateway仮想エディション」の2つのソフトウェアを開発者向けに1年間無償で提供します。*1

アプリケーション同士を連携させるために用いられるAPIを活用することで、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現する「FinTech(フィンテック)」を始めとする企業間やサービス間の連携が容易になり、 API活用に対する関心が高まっています。その一方で企業は、APIをどのように活用すれば良いのかわからない、自社の情報資産をAPI化によって適切に収益化できるのかわからないといったビジネス上の課題や、セキュリティー、既存システムとの連携といった技術的な課題、スタートアップ企業や開発者コミュニティーといかに共創すれば良いのかわからないといった運営上の課題などに直面しています。

これらの課題を解決し企業のAPI活用を促進することでAPIエコノミーを発展させるために、日本IBMは「APIクイック・スタート・プログラム」を提供します。

「APIクイック・スタート・プログラム」は、まず日本IBMのAPIに関する専門家がお客様のIT担当者と無償で討議を行い、APIへの理解を深めていただきます。次にビジネス担当者向けに無償でワークショップを実施し、APIに対する共通理解を深めるとともに、ビジネスにつなげるための戦略を検討します。その後、日本IBMならびにIBMパートナーが実際のAPI開発を有償で支援します。

今回新たに、開発者向けにAPI管理ソフトウェア「IBM API Management」とゲートウェイ製品「IBM DataPower Gateway仮想エディション」を1年間無償提供します。「IBM API Management」を活用することで、企業はセキュアかつ容易にAPIを作成、公開、運用、分析し、様々なAPIを適切に管理し、サービス開発のスピードを向上することができます。また、「IBM API Management」はBluemixでも提供されているため、スタートアップ企業などが提供するAPIとの接続も容易です。有償で 「IBM API Management for Bluemix」を利用する場合の参考価格は10万回コールあたり 593円(税別)からです。

また、IBMが9月に買収を発表した企業向けNode.jsソリューションのプロバイダー、StrongLoopのソフトウェアを活用することで、企業は世界中で使われているオープンな技術であるNode.jsに準拠したAPIを開発することが可能です。「IBM SDK for Node.js for Bluemix」は100ギガバイト時間使用あたり735円(税別)から利用可能です。

IBMでは、API提供者(企業)がデジタル化された情報資産をAPIとして公開し、API利用者が公開されたAPIを活用して、付加価値を高める新たなサービスを開発し提供することで生み出されるビジネス商圏「API エコノミー」が、2018年には、2兆2千億ドルの市場になり、*2 今後の企業の組織変革やエコシステムの構築、製品やサービスの収益化の原動力になると予測しています。

このAPIエコノミーの発展に寄与するため、IBMはLinux Foundationなどと協業し、APIの標準化および文書化を目的とする「Open API Initiative」を推進しています。また、銀行業界共通のIT標準を策定するためにBanking Industry Architecture Network (BIAN)と、そしてヘルスケア関連の情報交換の業界標準策定に取り組むFast Healthcare Interoperability Resources (FHIR)と協業しています。

*1 無償提供には一定の使用条件があります。
*2 デジタル・ディスラプティブ・サービスとして認識される市場に対するIBM内部の予測

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Software