データとサービスにアクセスしてアプリケーションの開発と配信を迅速化

モバイル・アプリケーションやクラウド・アプリケーション向けの効率的で拡張性の高いRESTful APIを作成できます。IBM z/OS Connect Enterprise Edition(EE)は、APIエコノミーにおけるz/OS上のアプリケーションやデータの価値を引き出します。

APIエコノミーの詳細をご覧ください

80%
のビジネス・データと70%のビジネス・トランザクションがIBM z Systems上で実行されています


IBM z/OS Connect Enterprise Editionを紹介します。

直観的に操作できるツールにより、開発者は既存のz/OS上にある資産からRESTful APIを作成できます。モバイル・アプリケーションやクラウド・アプリケーションの開発者は、z/OS関連の知識がなくてもビジネスに重要なz/OS上のデータとトランザクションをアプリケーションに取り込むことができます。


アプリケーション開発の迅速化

簡単に利用できるRESTful APIを使用する重要なデータとサービスにより、アプリケーションの開発者を支援します。使い勝手の良いRESTful APIにより、アプリケーション開発者はより簡単に基幹データやサービスを開発に活用できます。

新たな機会を推進

バックエンド・アプリケーションを変更することなく、z Systems資産を最新のAPIとして公開します。

破壊とイノベーション

コンポーザブルなサービスによって、容易に連携して迅速に配信できます。


Redbookを読む製品の詳細を見る

特長

  • RESTful APIの提供 ― 業界標準のSwagger 2.0 / Open APIの説明を提供します。アプリケーションの開発者が簡単に利用でき、企業全体のAPI管理ソリューションの中で簡単に統合できます。
  • 直観的なツールの提供 ― z/OSのスキルを持っていても持っていなくても、開発者は従来型のz/OSベースの資産からRESTful APIを作成できます。
  • 新しいAPIパッケージ成果物の組み込み ― DevOpsクラウド環境全体で簡単に展開できるようにAPIをカプセル化しているほか、z/OSサブシステムの基礎サービスを起動するために必要な詳細情報を提供します。
  • 標準のJSONメッセージ形式のサポート ― z/OSサブシステムの必要なネイティブ形式との間で変換します。
  • IBM API Connectとの統合 ― 利用者の登録、APIのセキュリティー制御、バージョン管理に及ぶ企業クラスのAPIの管理を実現します。

最小ソフトウェア要件

  • IBM Explorer for z/OS V3.0 Aqua
  • IBM z/OS V1.13以降
  • IBM 64ビット SDK for z/OS、Java™ Technology Edition V7.1.0
  • IBM 64ビット SDK for z/OS、Java Technology Edition V8.0.0