対象エンティティーを自動的に検出して、タグを設定できます。

IBM i2 Text Chart Auto Mark は、e-メールや Web サイトなども含む多種多様なドキュメントの中から対象のエンティティーを自動的に検出して強調表示するためのデスクトップ・アプリケーションです。i2 Text Chart Auto Mark では、テキスト・ベースの情報を構造化グラフィカル形式に変換するだけでなく、重要な項目を自動的に検出してタグを設定し、IBM i2 iBase の情報リポジトリーに格納されているデータと照合することも可能です。このようにして、テキスト情報を実用的な情報に素早く正確に作り替えるプロセスを合理化できます。

  • 対象のエンティティーを自動的に検出して、タグを設定できます。対象のエンティティーを自動的に強調表示してから、そのデータを分析のために使用できます。
  • 自動プロセスによって時間を節約し、エラーを減らすことができます。従来の手動プロセスを自動化し、大量の非構造化データの中から価値ある情報を素早く正確に抽出することによって、生産性を向上します。
  • 新規のエンティティーと既存のエンティティーの間の一致項目を素早く検出できます。発見した情報が接続先の IBM i2 iBase データベースに既に格納されている項目に関連している場合は、その関連性を見つけ出すことができます。

対象のエンティティーを自動的に検出して、タグを設定して、抽出できます。

  • e-メールや Web サイトなども含む多種多様なドキュメントの中から対象のエンティティーを自動的に検出し、タグを設定して、抽出できます。
  • ドキュメントを i2 Text Chart にロードした時点で、強調表示とマークアップを自動的に設定できます。
  • テキスト情報を実用的な厳選情報に素早く正確に作り替えるプロセスを合理化できます。
  • 抽出したデータを i2 Analyst's Notebook と i2 iBase によって共有できます。

自動プロセスによって時間を節約し、エラーを減らすことができます。

  • 大量のドキュメントが Windows ファイル・システムに入った時点で、自動バックグラウンド・サービスによってドキュメントの事前処理を実行できます。
  • デスクトップ・アラートと e-メール・アラートによって監視リストの一致項目を見つけ出し、対象の項目に関するフィードバックを i2 Text Chart Auto Mark ですぐに送り返すことができます。
  • 特定の照会に合わせて構成できる強力なパターン・マッチング機能を使用すれば、重要なデータを見つけやすくなります。

新規のエンティティーと既存のエンティティーの間の一致項目を素早く検出できます。

  • iBase との併用で新規のエンティティーを検索し、見つけ出し、接続先の情報リポジトリーに既に格納されている項目と比較し、照合することによって、i2 Text Chart Auto Mark で埋もれていた価値の高い情報を探し出すことができます。
  • 検出プロセスに対応する事前定義の監視リストに基づいて、自律型の文書マークアップ機能を活用できます。

Text Chart のビジュアル・データに組み込めるマークアップ候補が表示中の画面

Text Chart のビジュアル・データに組み込めるマークアップの候補が表示されます。

Windows システム・ファイルをモニター中の画面

Windows システム・ファイルをモニターして、新しい内容を自動的に取り込むことができます。

iBase リポジトリーで既存のエンティティーを検出中の画面

接続先の iBase リポジトリーで既存のエンティティーを検出できます。

Text Chart のビジュアル・データに組み込めるマークアップの候補が表示されます。

Windows システム・ファイルをモニターして、新しい内容を自動的に取り込むことができます。

接続先の iBase リポジトリーで既存のエンティティーを検出できます。

i2 製品のリソース

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください