データ準備の改善で結果の精度を高める

IBM SPSS Data Preparation では、分析プロセスのデータ準備段階を合理化する高度な手法を使用して、短時間でより精度の高いデータ分析結果を得ることができます。分析担当者は、完全に自動化されたデータ準備手続きを選択してすぐに結果を得ることも、別の方法を選択してより難易度の高いデータ・セットを準備することもできます。

このソフトウェアを使用すると、疑わしい、または無効なケース、変数、およびデータ値を、簡単に特定できます。 また、欠損データのパターン表示や変数分布の要約を行ったり、名義属性に対して設計されたアルゴリズムをより正確に操作したりできます。

SPSS Data Preparation は、次の点で役立ちます。

データ準備の自動化

データ準備自動化機能を使用すれば、面倒な反復作業を自動化して分析用のデータを準備できます。その結果、分析を加速化し、予測機能を強化し、堅牢性を高め、生データの状態では除外された可能性のあるデータを組み込むことが可能になります。

Interactive Date Preparation ...

データの検証

データ検証ツールを使用すれば、アクティブなデータ・セットの中で、疑わしいケースや無効なケース、疑わしい変数や無効な変数、疑わしいデータ値や無効なデータ値を見つけ出すことができます。例えば、お客様の満足度に関する月例レポートを顧客に提供するデータ分析担当者であれば、この機能を使用して、不備のあるカスタマー ID や、有効範囲外の変数値、しばしば誤入力される変数値の組み合わせなどを確認できます。

Validate Data ...

変則事象の検出理由の要約

この表は、各変数の役割を主な理由としてまとめたものです。変数ごとに最小値、最大値、平均値の影響をまとめ、複数のケースの理由になっている変数については標準偏差を示すことによって、変数の影響に関する統計を要約しています。

Occurrence as Reason ...

データ検証のケース・レポート

このケース・レポートでは、変数間のルールに違反したケースと、単一変数のルールに違反したケースをまとめています。これらのケースについては、修正のためにデータ入力のスタッフにすべて報告する必要があります。

Validation ...

SPSS Data Preparationの画面イメージ

前へ

データ準備の自動化

データ準備自動化機能を使用すれば、面倒な反復作業を自動化して分析用のデータを準備できます。その結果、分析を加速化し、予測機能を強化し、堅牢性を高め、生データの状態では除外された可能性のあるデータを組み込むことが可能になります。

データ準備の自動化

データの検証

データ検証ツールを使用すれば、アクティブなデータ・セットの中で、疑わしいケースや無効なケース、疑わしい変数や無効な変数、疑わしいデータ値や無効なデータ値を見つけ出すことができます。例えば、お客様の満足度に関する月例レポートを顧客に提供するデータ分析担当者であれば、この機能を使用して、不備のあるカスタマー ID や、有効範囲外の変数値、しばしば誤入力される変数値の組み合わせなどを確認できます。

データの検証

変則事象の検出理由の要約

この表は、各変数の役割を主な理由としてまとめたものです。変数ごとに最小値、最大値、平均値の影響をまとめ、複数のケースの理由になっている変数については標準偏差を示すことによって、変数の影響に関する統計を要約しています。

変則事象の検出理由の要約

データ検証のケース・レポート

このケース・レポートでは、変数間のルールに違反したケースと、単一変数のルールに違反したケースをまとめています。これらのケースについては、修正のためにデータ入力のスタッフにすべて報告する必要があります。

データ検証のケース・レポート
次へ

SPSS Data Preparationに関する参照情報

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください