購入意思決定要因の理解と評価

IBM SPSS Conjoint は、消費者の嗜好の理解に役立ちます。これを利用して、市場調査担当者は、競争力のある製品を効果的に設計、価格設定し、販売することができます。 消費者の意思決定プロセスをモデル化できるため、ターゲット市場において最も重要な機能と属性を備えた製品を設計できます。

SPSS Conjoint には、調査担当者に役立つ次のプロシージャーが含まれています。

直交設計

直交設計の出力では、プロファイルごとに 1 つの行があり、各列に係数が表示されます。実験担当者は、脚注によって、抵抗要因になっているケースがあるとすればどのケースがそうなっているかを確認できます (相手方の被験者には分かりません)。

a. Holdout ...

結果表

この表は、3 種類の選択確率モデルに基づいて、それぞれのシミュレーション・ケースが最優先のケースとして選択される確率の予測値をまとめたものです。

Card Number ...

シミュレーション・ケース

コンジョイント分析の本当の威力は、被験者によって評価されなかった製品プロファイルの優先度を予測できるということにあります。このようなケースのことをシミュレーション・ケースといいます。直交設計のプロファイルや抵抗要因のプロファイルと一緒にシミュレーション・ケースを計画の中に組み込みます。

package ...

ユーティリティー・スコア

この表では、各係数レベルのユーティリティー・スコア (部分効用値) とそれぞれの標準誤差を確認できます。ユーティリティー値が高ければ高いほど、優先度が高くなります。

Utility Estimate ...

SPSS Conjointの画面イメージ

前へ

直交設計

直交設計の出力では、プロファイルごとに 1 つの行があり、各列に係数が表示されます。実験担当者は、脚注によって、抵抗要因になっているケースがあるとすればどのケースがそうなっているかを確認できます (相手方の被験者には分かりません)。

直交設計

結果表

この表は、3 種類の選択確率モデルに基づいて、それぞれのシミュレーション・ケースが最優先のケースとして選択される確率の予測値をまとめたものです。

結果表

シミュレーション・ケース

コンジョイント分析の本当の威力は、被験者によって評価されなかった製品プロファイルの優先度を予測できるということにあります。このようなケースのことをシミュレーション・ケースといいます。直交設計のプロファイルや抵抗要因のプロファイルと一緒にシミュレーション・ケースを計画の中に組み込みます。

シミュレーション・ケース

ユーティリティー・スコア

この表では、各係数レベルのユーティリティー・スコア (部分効用値) とそれぞれの標準誤差を確認できます。ユーティリティー値が高ければ高いほど、優先度が高くなります。

ユーティリティー・スコア
次へ

製品属性の組み合わせの直交配列を計画

カードの生成と印刷

調査データの分析

SPSS Conjointに関する参照情報

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください