コンプレックス (複雑な) サンプルの統計データを分析し、調査結果を解釈

IBM SPSS Complex Samples で調査分析にサンプル設計を組み込むことにより、市場や世論の調査担当者や社会科学者は、統計的により有効な推定を行えるようになります。 SPSS Complex Samples では、コンプレックス・サンプル設計に取り組む際に必要な、層化抽出法、クラスター化抽出法、複数段階抽出法などの専門的な計画ツールや統計手法を使用できます。

分析計画ウィザード

サンプル・データを分析するために、Complex Sample Descriptives や Complex Sample Tabulate の入力として、分析計画ウィザードで作成した分析設計を使用できます。

Analysis Preparation Wizard ...

一般線形モデル

分散モデルの線形回帰と分析を作成することによって、サンプル設計を考慮に入れながら数値結果を予測できます。このプロシージャーでは、サンプルの選択に使用したサンプル設計 (等確率と PPS の方式、WR と WOR のサンプル抽出プロシージャーなど) を考慮に入れながら、分散状況を推定します。

Complex Samples General Linear Model ...

パラメーター推定値

このパラメーター推定値によって、支払い額に対する各予因子の効果を確認できます。切片項の 518.249 という値が示しているとおり、この食料品店チェーンでは、新聞やターゲット・メールのクーポンを利用する家族連れの買い物客が平均で 518.25 ドルを支払うということを予測できます。パラメーター推定値は、モデルの各項の効果を定量化するために便利ですが、推定限界平均値の表を使用すれば、さらに簡単にモデルの結果を解釈できるようになります。

a. Set to zero because this parameter is redundant ...

サンプリング計画ウィザード

サンプリングのフレームを指定して、Complex Samples のアドオン・モジュールにあるコンパニオン・プロシージャーで使用する複合的なサンプル設計を作成できます。サンプルを抽出する場合は、Complex Sample Selection プロシージャーの入力として、サンプリング計画ウィザードで作成したサンプル設計を使用します。

Sampling Wizard ...

SPSS Complex Samplesの画面イメージ

前へ

分析計画ウィザード

サンプル・データを分析するために、Complex Sample Descriptives や Complex Sample Tabulate の入力として、分析計画ウィザードで作成した分析設計を使用できます。

分析計画ウィザード

一般線形モデル

分散モデルの線形回帰と分析を作成することによって、サンプル設計を考慮に入れながら数値結果を予測できます。このプロシージャーでは、サンプルの選択に使用したサンプル設計 (等確率と PPS の方式、WR と WOR のサンプル抽出プロシージャーなど) を考慮に入れながら、分散状況を推定します。

一般線形モデル

パラメーター推定値

このパラメーター推定値によって、支払い額に対する各予因子の効果を確認できます。切片項の 518.249 という値が示しているとおり、この食料品店チェーンでは、新聞やターゲット・メールのクーポンを利用する家族連れの買い物客が平均で 518.25 ドルを支払うということを予測できます。パラメーター推定値は、モデルの各項の効果を定量化するために便利ですが、推定限界平均値の表を使用すれば、さらに簡単にモデルの結果を解釈できるようになります。

パラメーター推定値

サンプリング計画ウィザード

サンプリングのフレームを指定して、Complex Samples のアドオン・モジュールにあるコンパニオン・プロシージャーで使用する複合的なサンプル設計を作成できます。サンプルを抽出する場合は、Complex Sample Selection プロシージャーの入力として、サンプリング計画ウィザードで作成したサンプル設計を使用します。

サンプリング計画ウィザード
次へ

分析へのサンプル設計の組み込み

再利用のために調査計画パラメーターを保持

複雑な調査データの管理

直感的なインターフェースと便利なウィザードの使用

SPSS Complex Samplesに関する参照情報

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください