WebSphere向けに最適化された開発プラットフォームで効率を最大化

IBM Rational Software Architect Designer for WebSphere Software(RSAD4WS)は、IBM WebSphereアプリケーション開発のために最適化された、設計、モデリングを含む統一プラットフォームです。IBM Rational Software Architect Designerのすべての機能に、IBM Rational Application Developer for WebSphereの機能を組み込み、設計と開発の統合環境を実現します。

IBM Rational Software Architect Designer for WebSphere Softwareプラットフォームは、複数のドメインをわたるアプリケーションやサービスが設計できるように、モデル駆動型開発(MDD) ツールの採用、統一モデリング言語(UML)を強固にサポートしています。IBM Rational Software Architect Designer for WebSphere Softwareは、Eclipseオープン・ソース・ソフトウェアのフレームワークを基盤に構築されており、複数の組み込み拡張機能で幅広い技術をサポートします。

IBM Rational Software Architect Designer for WebSphere Softwareプラットフォームでは、1つのオファリングで複数の中核機能と拡張機能を購入する便利な方法が提供されます。

UMLベースのグラフィカル・モデリングによる開発の迅速化

WebSphereアプリケーション開発のための最適なサポートの提供

アプリケーション品質の向上

技術サポートの拡張

柔軟な統合プラットフォームの提供

IBM Rational Software Architect Designer for WebSphereに関する参照情報

Software Product Compatibility Reports(SPCR)ツール (US)を使用して、最新のシステム要件レポートを常に動的に生成できます。

お客様の利便性のため、以下のタブに、Rational Software Architect for WebSphere Software のサポート対象リリースを示しています。そこから、さまざまなコンテキスト(オペレーティング・システム別、コンポーネント別)の詳しいシステム要件レポートを選択できます。リンクをクリックすると、いつでも最新のレポートが新規に生成されます。

タブ・ナビゲーション

  • 9.5- 選択されているタブ、
  • 9.1.2

9.5 リリース



9.1.2 リリース



国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください

IBM Rational Software Architect Designer for WebSphereに関する参照情報